5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行&キャンプを楽しむ主婦によるブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさ、ファミリーキャンプのあれこれも書いていますので、旅行・キャンプ計画の参考になれば嬉しいです!

北海道河西郡芽室町 めむろ新嵐山スカイパークでキャンプ!

先日、夏休み中に北海道&東北旅行に行ったと紹介させていただきました。

 

familytraveler.hatenablog.com

 

北海道では帯広方面を中心に観光して回ったのですが、その際拠点として利用させていただいたのが北海道河西郡にある新嵐山スカイパークです。

 

私たちはキャンプ利用させていただいたのですが、こちら国民宿舎となっているので、ホテル利用することも可能です。しかも5人1室利用できるお部屋(和室)があるようです。

 

キャンプ利用客はこの国民宿舎のロビーでチェックインし、お風呂もこちらの大浴場を使わせていただくかたちになります(大人270円、小学生140円、幼児無料)。

※キャンプ利用客は国民宿舎ロビーのトイレも使用可能です。

左)左側の建物が国民宿舎。荷物運搬用の荷台もありました。右)広々とした芝生ゾーンにはハンモックがかけられていて、誰でも自由に楽しめます。

 

新嵐山スカイパークで良かったこと①ウッドチップがひいてある!

このキャンプ場ですごくよかったのは、テントスペースにウッドチップがひいてあったこと!実はウッドチップがひかれたところでテントを建てるのは初めてだったのですが、ウッドチップのありがたみを私たちに伝えるべく、こちらのキャンプ場で過ごす2日目の夜から撤収する日の朝にかけて雨がふったのです。

 

夜中は結構な雨だったので、浸水するのでは…とドキドキしたのですが、それと同じくらい何度も考えてしまったのが撤収のこと。べったり濡れたテントを雨の中どういう手順て片づければいいの?と夜中中、頭の中で何度もシミュレーション(笑)。

 

翌朝カッパを着て、夫と子供たちと協力して荷物を撤収、その後テントをたたんで収納したのですが、テントのきれいなこと…!

 

濡れたテントって、土や泥、草などがたくさんくっついてしまい、これをたたむことによってさらに汚れが広がるイメージだと思いますが、ウッドチップがひいてあると、底面に汚れが付きにくいだけでなく、たたむときにも汚れにくいことを強く実感しました。

 

新嵐山スカイパークで良かったこと②運搬お手伝いサービスMr.テイラー!

こちらは常時ではないので、事前にホームページで運航予定表を確認する必要がありますが、芝刈り機に運搬用荷台を付けた運搬車が、駐車場とサイト間を行き来してくれるサービスがあります。

 

私たちははじめ、自分たちで運ぼうと、押し台車に荷物を積んでいたのですが、押し台車に比べるとMr.テイラーの運搬用荷台の方がかなり大きく、『運ぼうか?』と声をかけて下さったのでお願いすることにしました。

 

ミニバン一台にぎっしり入っていた荷物が一気に荷台に乗せられ、さらに人も乗れる、ということだったので、お言葉に甘えて乗せてもらうことにしました(^▽^)

 

はじめは台車で問題ないでしょうと思っていたけれど、お願いして大正解でした。キャンプって楽しいけど、何かと手間がかかるのも事実。運航時間内であれば、体力セーブのためにも、ありがたくお願いすることをおススメします(^^)

 

新嵐山スカイパークで良かったこと③自然を満喫できる☆


うちの子供たちは動物や昆虫が大好きなのですが、新嵐山スカイパークでは虫採りをしている親子をたくさん見かけました。国民宿舎建物内にも大きなケースにクワガタが何匹か入っていたので、多分クワガタがいるのだろうな、とは思っていたのですが、私たちも撤収中にカブトムシに出くわしました。

 

更にエゾリスもたくさん走り回っていて…感激しました!キャンプ場入りした当日は週末だったので人も多く、リスを見かけることもなかったのですが、チェックアウトの日は我が家ともうひと家族くらいしかキャンパーはいなかったので(しかも雨もしとしと降っていたので)、キャンプ場らしからぬ静かな雰囲気だったからかもしれません。

 

綺麗に整備された場内にたくさん気が植わっていて、その木陰にハンモックが掛けられていたりと、自然の中でリラックスもできます。子供は昆虫探し、親は自然の中でまったり、が叶います(^^)

 

その他 新嵐山スカイパークに関する嬉しい情報

朝ごはんが付けられる!

新嵐山スカイパークはキャンプ客も朝食付きにすることができます。私たちは別で利用したい先があったので新嵐山スカイパークでは朝食はいただいていないのですが、サラダやオムレツ、ソーセージなんかが付いた洋風メニューのようです!

キャンプだけどホテル朝ごはん、というのも、たまにはいいですよね♪

 

お湯が出る!

炊事場でお湯が使えます!お肉を焼いたりすると食器が油っぽくなると思いますが、お湯で洗えるので、食器の洗い残りが気になりません(^^)

 

いいキャンプ場だったけど、残念だったポイント

電源付のサイトがない(><)

全サイト電源がついていません。

私、てっきり電源付サイトかと勘違いしていたんですが、全サイトありませんでした。利用したのが8月だったので、ひょっとして暑いかな、と心配したのですが、夜は涼しすぎるくらいだったので、電源なくても大丈夫でした(^^)

 

サイトによってはトイレ・炊事場までの距離がある(><)

こちら場内の地図です。私たちが利用したサイトがファミリー限定フリーサイトなのですが、思っていたよりもトイレや炊事場との距離があったように感じました。二日目天気悪かったのもあるかもしれませんが(笑)

場内地図

おそらくフリーサイトAであれば炊事場とトイレが一緒になった小屋が近いので便利だと思うのですが、それ以外のサイトはちょっと不便と感じるかも…

 

ロビーの洗濯乾燥機の乾燥機能がパワー不足だった

長期旅行、ということで、ロビーの洗濯乾燥機をかなり頼りにしていたのですが...残念ながら乾燥機能がパワー不足(^^;;2台あったので、洗濯物を二つに分けて乾燥機にかけるも、全然乾きませんでした...これは誤算&残念でした...

 

少量だったらよかったかもしれませんが、我が家は5人×2日分頑張ろうとしてしまったためでしょうか(^^;;もしたくさん洗って乾燥させたい場合は、芽室町中心地(車で15~20分ほど)のところにコインランドリーもあるので、そちらを利用されると安心です◎

 

まとめ

上記に書かせていただいた以外にも、レストランがあったり、ドッグランがあったり、外にカフェスタントがあったりと、一般的なキャンプ場よりも滞在中の過ごし方の選択肢が広がるようなキャンプ場でした(^^)

レストラン(左)&カフェスタンド(右)

 

車で15分ほどのところ(芽室町中心地)にスーパーやお店などがあるので、そこで食べ物・飲み物を調達していけば特に困ることはないと思いますが、周辺はただただ畑が広がっています。そしてそこにいくつもわらが転がっているのがなんともかわいらしく、癒しの空気感でいっぱいでした。

 

優しい自然に包まれて、のんびりまったりしたい方におすすめしたいキャンプ場でした(^^)

キャンプ場 基本情報

住所:北海道河西郡芽室町中美生2 線42

TEL:0155-65-2121

URL:めむろ新嵐山スカイパーク|国民宿舎 新嵐山荘 (shin-arashiyama.jp)

 

こちらから予約可能です ↓

  

 

familytraveler.hatenablog.com

 

おまけ

ちなみに今回撤収の際はあいにくの雨天だったのですが、その時に活躍したのがAXESQUIN(アクシーズクイン)の『凌 アメノヒ2.5』というレインコートです。これ、私としてはちょっと高いと思ったのですが、すごくよかったのでお勧めしたい!

 

 

我が家はアウトドアが好きなので、多少雨の中頑張らないといけないときがあるかもしれない、ということで1年ほど前に購入したものなのですが、なんだかんだ天気に恵まれることが多くて、なかなか出番がなかったんですね。でも今回、ついに雨の中の撤収で活躍してくれました(^^)

 

これの良さは何と言っても軽くて暑くない(通気性がある)のに雨をしっかりはじいてくれること。ワンピースタイプなので、急な雨の時もさっと着られるし、長さもひざくらいまであるので安心感があります(^^) 生地は薄くて軽い(でもしっかりとしています!)ので乾きが早いです。コンパクトにたたむことができるので、キャンプや登山など、荷物をできるだけ小さく軽くしたいときに最適だな、と思います(^^)

 

もし『いいレインコートないかなぁ~』とお探しの方は、AXESQUINのレインコート、チェックしてみて下さい(^^)セパレートタイプもありますよ☆

 

関連ブログ

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

 

familytraveler.hatenablog.com