5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行&キャンプを楽しむ主婦によるブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさ、ファミリーキャンプのあれこれも書いていますので、旅行・キャンプ計画の参考になれば嬉しいです!

【子連れ旅行】北海道帯広周辺 家族が喜んだスポット紹介

先日ブログで紹介させていただいた、夏休み中の北海道・東北旅行。帯広周辺での滞在は2泊3日だったのですが、夫が夜通し運転してくれたので、帯広に到着したのは早朝でした。最終日は午前中には函館に向かって移動したので、実質帯広で過ごしたのは丸っと2日、といった感じです(^^)

 

帯広、子供たちも楽しめるかな?と思っていたのですが、家族全員大満足の時間が過ごせました(^^)これから家族で帯広に足を運ばれる方・北海道のどこに行こうかな~と迷っておられる方の参考になれば幸いです!

 

こちらの記事では、まず、私たちが帯広で訪問した場所やお店を紹介させていただき、その中でも特に気に入った場所(4カ所)について詳しく紹介させていただきます!

 

帯広滞在中の訪問先

帯広滞在中に訪れた場所はこちら(訪問した順)。

特に気に入った行き先は青い太字にしています。

 

【1日目】

 緑ヶ丘公園(エゾリスがたくさん見られました)

 麦音(日本で一番敷地面積が広いパン屋さん)

 帯広動物園

 ※上記3つの場所は近い距離にあります☆

 

【2日目】

 ふじ膳(食事処。安くておいしい海鮮丼&お寿司をいただきに…)

 六花亭帯広本店

 ナイタイ牧場(日本で一番広い牧場)

 道の駅 ピア21しほろ

 

【その他】

 フレッシュベーカリーあさひや(パン屋さん)

 フクハラ芽室店(スーパー)

 

帯広には素敵なガーデンもあるし行ってみたい想いはあったのですが、やんちゃなメンズが2人いることを考えると、ゆったり楽しめない可能性が高く…それなのに入園料も高いしなぁ(施設に寄るけど、1人1000円超え)、ということで、思い切ってガーデンは今回はスキップすることにしました!

 

生き物大好き!我が家の子供たちが喜んだ場所:帯広動物園

我が家の子供たち(小学生3人)が喜んだ場所は帯広動物園。

どちらかというと自然派なので(笑)、私たち夫婦としてはもともと行くつもりはなかった場所なのですが、動物園が近くにあることを知って『どうしても行きたい!!』と懇願されまして(^^;; 夜通し運転してくれた夫のお昼寝タイムに、私と子供たちの4人で行くことにしました。

結論、とってもよかった!

思っていたよりも大きな動物園で、小さな遊園地も中にある、遊べる動物園でした(^^)動物園によっては、動物たちがあまりきれいではないと感じることがありますが、こちらの動物園の動物たちはとてもきれいでした。

 

 

更に、子供が読んでも分かりやすいような説明ボードが掲げられていたり、亡くなった動物の骨を展示して、動物の体について知ることができるような工夫があったり、と子供たちに動物をもっと知ってもらおうとする心意気を感じられました(^^)

 

 

我が家は子供たちがそれぞれ自分のカメラを持っているのですが、動物たちのベストショットを撮ろうと、結構時間を費やしたり、わざわざもう一度見に戻ったり、という感じで過ごしました。途中トイレは行きましたが、休憩はなし、遊園地の乗り物も乗らず、という周り方でしたが、すべての動物を見てまわって満足するのに3時間かかりました(^^;;

園内マップ

園内は休憩できるベンチがあり、お土産スタンドには軽食の販売もあります(^^) 体調・体力をみて、上手に利用されるといいと思います。

 

帯広動物園住所:帯広市字緑が丘2番地

入場料:大人420円、中学生以下無料

おびひろ動物園| 帯広市ホームページ 十勝 (city.obihiro.hokkaido.jp)

 

 

パンとガーデンが大好きな私が喜んだ場所:麦音

帯広に到着した初日、早朝から営業しているパン屋さんを探したところヒットしたのがこちらの麦音というパン屋さん。情報ゼロで足を運んでみると、手入れされた広い庭があって素敵な雰囲気!6時40分くらいに到着したのですが、すでに車の中で待機されている方もいて、オープン前の6時50分には列ができ始める、といった感じでした。

 

 

パンには十勝産小麦を100%使用されており、いろいろな種類のパンがありました!パンを販売されている空間自体はそれほど広くないので、混んでいる時は前に見たパンを取りに戻るのが難しいかもしれません...(ちなみに私たちが訪問した日は日曜日の朝。結構混んでいました)

 

私が行った時間帯はハード系のパンがほとんどなかったのですか、柔らかくて、小さな子供でも食べやすいパンがたくさん並んでいました。優しい舌ざわりのパンが長距離移動の身に沁みました(^^)ちなみに牛乳やジュース、コーヒーも購入可能です。


購入したパンはパン屋さんの敷地内のテーブルでいただけます。小さいお子さんが利用できるように、敷物の貸し出しもありました(^^)このパン屋さんの敷地、なんと日本のパン屋さんの中で一番広いそうです。

 

敷地内には地域の子供たちと育てている小麦やひまわり、ハーブと野菜を混植したレイズドベッドもあって、家庭菜園の勉強にもなり大満足。とっても贅沢なひと時を過ごせました・・・♪

 

麦音住所:帯広市稲多町南8線西16-43

電話番号:0155-67-4659

営業時間:6:55~19:00

 

海鮮大好きな夫が喜んだ場所:市場食堂ふじ膳

旅行に行く前から夫が意気込んでいた場所の1つが市場食堂ふじ膳という卸売市場の2階にある食事どころです。というのも、ここの『朝の海鮮丼』、700円で食べられてしまうのです!!

 

開店時間が朝6時半なのですが、1日限定20食なので、私たちは6時10分くらいから並びました(一番でした ^^;;)。並ぶ人はさすがにいないのでは…と思ったのですが、平日であったにも関わらず、次々に人が来て、開店前に列ができ、開店後も続々と人が入っていて、その人気ぶりを実感!!

 

海鮮丼以外にも普通の朝定食(これも490円と安い!)や朝の握り定食(限定10色1,000円)、フライの定食なんかもありました。生魚が食べられない小さな子供連れでも安心だなと思いました(^^)

 

また、席もテーブル席とお座敷があり、店内は広々としています。小さい子供用の椅子も使えるようになっていたので、子連れでも歓迎してもらえると思います(^^)

 

私たちは定休日を確認せずにうっかりお休みの日に行ってしまいました(^^;; 幸い翌日、無事リベンジを果たせたわけなのですが、是非皆さんにおかれましては、事前に営業しているか確認をして足を運んでくださいね☆ふじ膳さんのブログで確認されるのが確実かと思います!

 

ふじ膳

住所:北海道帯広市西21条北1丁目5-1

営業時間:6時半~9時・10時~14時

定休日:日曜・祝日・水曜日不定

ブログ:帯広市場食堂ふじ膳のBLOG by 帯広市場食堂ふじ膳 (mytokachi.jp)

 

甘いもの好きな5人全員が喜んだ場所:六花亭帯広本店

北海道でお土産、といえば六花亭のお菓子が人気なのではないかと思います。パッケージもかわいいし、お菓子もおいしいし、好きな人きっと多いですよね。

 

私たちも六花亭のお菓子(特にマルセイバターサンド)が大好きなのですが、今回六花亭で狙っていたのは賞味期限が短いため本店でしか食べられない、と言われているお菓子!賞味期限3時間のサクサクパイ

左)六花亭帯広本店の外観 右)サクサクパイとマルセイアイスサンド

と、ショーケースを見るとサクサクパイだけでなく、おいしそうなお菓子が他にも。せっかくなので、マルセイアイスサンドも購入してみました(^^)サクサクパイはその名の通りさっくさくのパイの中に濃厚なカスタードクリームが入った商品です。クリームの軽さが絶妙で、口の中で溶ける時に疲れも一緒に溶かしてくれるようでした♪

 

マルセイアイスサンドはマルセイバターサンドのアイス版。これもとってもおいしくて、個人的に、マルセイバターサンドよりも好きだった!アイスが好きだからかもしれません。ちなみにあとから知ったのですが、マルセイアイスサンドは札幌本店と帯広本店でしか販売されていない商品だそうです!

 

店内、椅子はありませんが、店内で食べるための立ちテーブルがあります(^^)コーヒーのセルフサービスもあって、至福のひと時でした。知らないお菓子や六花亭柄のかわいいグッズも販売されていて目にもおいしく、お店の方たちの丁寧な接客に癒され、六花亭の良さを実感しました(^^)

 

住所:北海道帯広市西2条南9-6 

営業時間:9:00~18:00

定休日:なし

※2階に喫茶室があります。水曜休み、11:00~16:00営業とのことです。

※駅前ですが、駐車場(無料)ありました。

 

おわりに

車窓から見る白樺やかわいい俵状に丸められた藁、広大な土地。帯広の自然のパワーをぐっといただきながら、おいしいものを食べたり、素敵なものを見たりできて、心の栄養をたくさんいただけた旅でした☆

皆さんの旅のプランの参考になれば幸いです(^^)

 

 

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com