5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行&キャンプを楽しむ主婦によるブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさ、ファミリーキャンプのあれこれも書いていますので、旅行・キャンプ計画の参考になれば嬉しいです!

山口県長門市 湯本ハイランドホテルふじとおしゃれに生まれ変わった湯本温泉

先日、5年ぶりに齋座わ田の海鮮まぶしをたべに角島を訪れたことを記事に書かせていただきました。

 

familytraveler.hatenablog.com

 

その際、『せっかくだから湯本温泉にももう一度行ってみよう!』ということで、長門市湯本温泉にあるお宿に宿泊したのですが、湯元温泉が大きな変貌を遂げていて衝撃を受けました!

 

おしゃれに生まれ変わった湯本温泉

以前湯元温泉を訪れた際は、昔ながらの景観を維持した温泉街という雰囲気で、川沿いに立ち並んだ宿を横目に、時々足湯を楽しみながらのんびり散歩ができる場所、というイメージだったのですが、今回訪れた際は『同じ場所??』というくらいにおしゃれに生まれ変わっていました。

 

川の向こう岸に見える紅葉坂と足湯

宿の女将さんに聞いたところ、3年ほど前から湯本温泉全体をあげてのリノベーションがあり(長門市・地域の方々・星野リゾートの取り組みだとのこと)、カフェやお店などがオープンしたり、立ち寄りの方向けの通路が整備されたり、おしゃれにリノベーションされたのだとか。

お宿でいただいた湯本温泉マップ

以前は夜は宿でゆっくりするだけ、という感じでしたが、現在は要所要所ライトアップされたり、秋は紅葉を楽しめる階段にゆったり座ってお花見ならぬ『紅葉見』が楽しめるようなごろ寝できるくらい広いシートが設置されたりと、湯本温泉をより楽しめるような工夫がされていると感じました。まさに『オソト天国』という感じです!

 

私たちが訪れた際はあいにく雨だったので、夜のライトアップには行けなかったのですが、朝早起きをして、少し散歩をしてみました。もちろん、ライトアップはされていませんでしたが、街灯に照らされる町もまた味があってよかったです(^^)

湯本ハイランドホテルふじ

今回私たちが宿泊したお宿は『湯本ハイランドホテルふじ』というお宿。上の湯本温泉マップ画像の中央に赤丸でマークされているお宿です。お宿に入った瞬間から車で走り去るまで、お宿の方はいつも親切で、子供たちにもフレンドリーで、とても良い時間を過ごさせてもらいました。

 

お部屋

5人家族、しかも子供が3人とも小学生ともなると、部屋が狭く感じることがよくあるのですが、今回予約した和室(8~10畳・トイレ付)は5組お布団をひいてもゆとりがあるくらいの広さ(^^)

メインで使用する畳の部屋の横には、障子で仕切れるすスペースがありました。子供たちがゲームしたり、大人が夜ゆっくりするのにぴったりなスペース☆

部屋に入ってすぐのところにトイレがついているのも安心です◎

お料理

大人のお料理は『鶏のぼせ』という長州黒かしわを使ったお料理をいただいたのですが、その際にメインでいただいた博多水炊きがとてもおいしくて!料理のボリュームがすごかったので、〆の雑炊は食べられないかも…と思ったのですが、別腹とはデザートのためだけに準備されているものではない、ということを思い知らされました(笑)絶品すぎて、2杯食べました(笑)

 

子供向けメニューにはお刺身がついていたのですが、私たちが大人向けに注文していた長州黒かしわのお料理にはお刺身がついていなかったので、その点だけ夫は残念そうにしていました。(お昼に海鮮食べたんだから、いいじゃないか...と思った)

 

鶏のコース以外にも、長門和牛をいただけるコースや、とらふぐをいただけるコースもあり、自分が味わいたいお料理を選択できます(^^)

 

朝ごはんはヘルシーな和食で、子供にはふりかけを持ってきてくださりました(^^)

 

お風呂

温度も温泉の水質も最高のお風呂でした。残念ながら露天風呂はなく、お風呂自体広くはないのですが、気持ちのよいお風呂です(^^)時々大人でも熱くて入れないお風呂がありますが、こちらの温泉は小さい子供も入りやすい温度で、ゆっくり体を温めるな、と感じました☆

 

予約について

湯本ハイランドホテルふじの予約はお宿のホームページからもできますが、私は楽天ポイントを貯めているので、楽天トラベルから予約しました(^^)私が実践しているちょっとお得なお宿の予約方法を紹介した記事も、よかったら見てみて下さいね(^^)

 

familytraveler.hatenablog.com

 

帰宅後に知った、残念な真実

2017年に湯本温泉に訪れた際、枕水というお宿に泊まったのですが、今回見にいったところ、なんとも活気のない雰囲気になっていたんです。帰宅後調べてみたところ、コロナウィルスの影響で、運営していた会社が破産してしまったということを知りました。

 

familytraveler.hatenablog.com

 

枕水は湯本温泉最古のホテルだったそうです。温泉にある、願いが叶う大理石の玉が記憶に鮮明で、当時の記事を読み返してみても、本当に温かい時間を過ごさせてもらったな、とありがたい気持ちで思い出されます。

観光支援などで一時的に観光客が戻ってきても、自粛ムードが漂うと、また観光客がこなくなってしまう、という波が激しく、不安定な状況が続くと、歴史のあるお宿でもこのようになくなってしまうのか、と とても残念な思いです。

 

まだまだ成長は続く湯本温泉

湯本ハイランドホテルふじの女将さんに伺ったところ、これからも湯本温泉に新しいお店が出店される予定があるとのことでした(^^)

湯本温泉、温泉に入って、お散歩もして、ゆったりとした時間を過ごしたい!という方におススメです☆私も2回ともとても気持ちのよい時間を過ごさせてもらったので、また必ず訪れたい!もちろん、角島とセットで!

 

ホテルの予約に関する記事はこちら

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

 

山口県の観光に関する記事はこちら

familytraveler.hatenablog.com

 

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com