5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行&キャンプを楽しむ主婦によるブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさ、ファミリーキャンプのあれこれも書いていますので、旅行・キャンプ計画の参考になれば嬉しいです!

【ファミリーキャンプ】夏キャンプに嬉しい!便利でおススメなグッズ

子連れキャンプ。回数を重ねた今でこそ、あまり気を張らずに行けるようになってきましたが、はじめのころって『何を持っていけばよいのだろうか…』『もちもの、これだけで大丈夫だろうか...』と何かと不安になるものなのではないかと思います。

 

いろいろと試行錯誤して、自分たちが本当に必要な持ち物が分かってくるものだと思うし、そうすることで無駄なく、必要最低限の荷物に抑えつつ快適に過ごせるものだと思うのですが、『これあると便利だよー!』というアドバイスをいただくときの心強さって、結構大きいのも確かですよね。

 

こちらの記事では我が家が便利!と思ってもっていっているものを、参考情報程度にご紹介させてもらいます。皆さんのファミリーキャンプが少しでも快適&楽しくなることを心より祈っています(^^)

 

 

【ポイズンリムーバー】

O型だからなのか虫に刺されやすいこともあり、虫よけスプレーやムヒ、ムヒパッチにはとってもお世話になりながら生きています。そんな私が最近愛用しているのがポイズンリムーバー。これ、とっても便利!虫よけスプレーしていても刺されてしまうこと、ありますよね。そういう時に使用するのがポイズンリムーバー。虫が注入した毒をこのリムーバーで吸い取ります。早めにこれで処置すると、治りがいいように感じています。


ポイズンリムーバーは、注射器のように押して使うタイプと、引いて使うタイプがあります。子供にやってあげるときはどちらのタイプでもいいのですが、自分で自分に使用する場合、引いて使うタイプだと手が足りません(^^;;個人的には片手使用が可能な押して使うタイプをお勧めします。

ちなみに私が使っているポイズンリムーバーはTigerが出しているNewエクストラクタ―という商品です。肌に当てるカップ部分は付け替えが可能で、サイズも複数あります。カップは洗浄可能なので、万が一吸い取った毒がついてしまっても衛生的です(^^)

 

 

ケースの内側にポケットがついているので、患部に塗るお薬とバンドエイドを一緒に入れておくと安心感が倍増します!

私が使っているのは上記の旧タイプなのですが、旧タイプに比べ新タイプは

 

☆ケースサイズがコンパクト

カップ収納がファスナー付きのメッシュポケットになっているのでばらばらしにくい!

カラビナがついている

 

という具合に、旧タイプに比べると持ち運びが便利になっています。キャンプの時に限らず、外遊びの時の応急処置品として、1つ手元に置いておくと安心して過ごせます(^^)

 

【冷蔵庫】

キャンプに冷蔵庫、と聞くと少し大げさに聞こえるかもしれません(^^;; 私も主人が『キャンプ用に冷蔵庫がほしい』と言ったときには、反応に困りました(笑)

ですが結論、キャンプに冷蔵庫はとっても便利です!!どんな時に便利さを感じるか、というと

 

☆晩御飯用に持ってきたお肉や魚が余ってしまったとき

 (諦めて夜のうちに焼いて持ち帰ったりしていましたが、持ち帰って温めなおしてもあまりおいしくないですよね... (;_;))

☆朝ごはん用にハムやチーズ、牛乳など冷蔵品を持っていきたいとき

☆2泊以上する時

☆キャンプ場の近くにスーパーがない時

☆真夏にキャンプする時

 (冷たいものを持参できます!)

 

車のスペースをとってしまうことが難点ですが、冷蔵庫があるだけでキャンプが快適になります!

 

ちなみに我が家が持っている冷蔵庫はF40C4TMPの冷蔵庫なのですが、なんと冷蔵機能に加えて冷凍機能もついている優れもの。-22~10度まで対応しています。夏キャンプにアイスクリームを持参する、ということが実現できるのです(^^)


 

 

我が家が使用しているのは25Lタイプなのですが、F40C4TMPが出している冷蔵庫は18L~35Lのサイズ展開があるようです。この点については楽天の上記リンクより、Amazonのストア情報で見た方が分かりやすい&比較しやすいです。

リンクはこちら→ https://amzn.to/3aXV6C0

ただ、上記リンクにはなぜか25L品が掲載されていないので、25L品について詳細確認されたい場合は下記をご確認ください(^^)

 

 

我が家の冷蔵庫の使い方・クーラーボックスとの使い分け

我が家がキャンプに行く際の使い方としては

①家のコンセントで冷やしつつ、中に食材・飲み物を入れる

②車に載せて、シガーソケットからコードをつなぐ

③キャンプ場に到着したらポータブル電源もしくは電源サイトの電源につなぐ

 

こんな流れです。もちろんキャンプの時に限らず、旅行やお出かけに持っていくこともあります。行った先で購入した魚介やお肉を新鮮な状態で持ってくることができるので、便利です(^^)

 

ちなみに我が家、クーラーボックスも大きいのを持っています。1泊の場合は冷蔵庫のみでも十分なのですが(冷蔵・冷凍品は冷蔵庫に、それ以外のものはお買い物バッグに入れています)、宿泊日数が多くなる場合は両方持っていきます。その場合はクーラーボックスは冷蔵庫として、冷蔵庫は冷凍機能を使って冷凍庫として使用しているのですが、F40C4TMPの冷蔵庫を冷凍庫として使って、氷を作ったり、保冷剤を凍らせたりし、それをクーラーボックスに入れてやることでクーラーボックス内の温度を低く保つ工夫をしています(^^)

 

【扇風機】

キャンプ、と言えば夏のイメージが強いですが、個人的には春とか秋の方が好きです(笑)なぜならば夏のキャンプは暑いから(><) シャワーを浴びてもすぐに汗だくになってしまいますよね。

 

暑さ対策として、保冷剤を首に巻いてみたり、小型の冷風機を買ってみたり、いろいろと試してみた結果、『これは使える!』と思ったアイテムは扇風機です。普通ですみません(笑)でも、数ある持ち運べる扇風機の中でも、使ってみて満足度の高いものを紹介させてもらいます。

 

ひとつ目はマキタの扇風機。いくつかサイズ展開があり、店舗で確認してみまますが、しっかり回して風を吹かせてくれる、CF203DZを使っています。涼しいのはもちろんですが、蚊を強力な風で吹き飛ばしてくれている、と期待しています(笑)

 

本音を言えば1つ小さいCF102DZの方がデザインがよかったのですが、夏キャンプでは機能を重視、ということで、CF203DZを使っています。広範囲に強い風を送る必要がない場合はCF102DZでも良いのではないかと思いますが、家族でキャンプする場合、広範囲に強力な風を送ってほしいことがほとんどだと思うので、CF203DZをお勧めします(^^)

 CF203DZ(大きい方)はこちら↓   CF102DZ(小さい方)はこちら↓

                    

 

 

我が家は電源サイトの電源ORポータブル電源につないで使っていますが、別売りの電池を使用すれば充電して使用できるようです。

 

個人的に、一点難点があるとすれば、弱い風にすればそうでもないのですが、強風モードだと結構音がうるさいです。我が家は寝る時、テントの外からテント内に向けて風を送っているのですが、音に敏感な私は眠りが浅くなってしまってしんどかったです(音に敏感ではない夫は平気だったようです)。

 

そこで夜寝る時にお世話になっているのがこちらの扇風機、ルーメナのファンプライムという商品です。これめちゃくちゃコンパクトな割にしっかりと風を送ってくれます!!ファンの高さを14cm上げ下げできる上に、ヘッドの角度調節も可能なので、設置する場所や向けたい位置に合わせやすいです。また、充電して使用することも可能&しっかり充電しておけば一晩使用することができるので、電源無しのサイトでも安心です。

 

もちろん、パワフルさを求めるのであれば断然マキタの扇風機をお勧めしますが、食事する際、テーブルの上に置いてみんなの顔に風を送る程度であれば、ファンプライムはとってもよいお買物になると思います。マキタの扇風機に比べるととってもコンパクト(高さ30㎝程度!)なので、車に積み込む際もあまり悩みません(笑)助手席と運転席の間のスペースとか、ちょっとした隙間に入れてやることができるので重宝しています。

 

小さい割に価格が高いのですが、作りや素材もきちんとしている上に見た目もすごくスタイリッシュなので、夏場はリビングにおいて、日常使いしてます☆機能もデザインも重視して、日常使いできる扇風機をお探しの方におススメです(^^)

 

 

【おわりに】

時々ブランクが発生したこともありましたが、我が家もキャンプをしだしてもう10年経ちました。キャンプブームもあってか、いろいろな便利グッズが出てきて、アウトドアをより楽しみやすくなった一方、選択肢がありすぎてどう選べばいいのかわからなかったり、実店舗ではおいてないため、手に取って確認ができなかったり、という悩みもでてきたように感じています。私たちのキャンプ経験が、皆さんのキャンプをより快適にする1つの参考になればいいな、と思います☆

 

 

【その他キャンプに関する記事】

familytraveler.hatenablog.com