5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行&キャンプを楽しむ主婦によるブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさ、ファミリーキャンプのあれこれも書いていますので、旅行・キャンプ計画の参考になれば嬉しいです!

島根のおすすめキャンプ場~料金・設備・遊び場はどんな感じ?~


今日は我が家がこれまでに利用した島根県のキャンプ場の中でおすすめな場所と、おすすめポイントを紹介します。

 

我が家は子連れでキャンプするので、料金や設備に加えて、子供の遊び場や、遊べるスペースがあるかなども重視しています。

 

紹介したいキャンプ場と比較表

下記、この記事で紹介するキャンプ場とざっくりとした比較表です。
広さに関しては、6人用テントとスクリーン、あるいはツールームテントを張ってもBBQスペースが取れた、あるいは取れそうなところは『〇』としています。

また、各キャンプ場の詳細とURLは、表の順に紹介させていただきます。

万葉公園(島根県益田市

広くて、自然も子供が遊べる遊具もある公園です。この公園に行ったとき、うちの子供たちが一番興奮したのは公園スタンプラリー!公園内を歩き回りながらスタンプを集めて受付に持っていくとプレゼントがもらえます☆

 

また、こちらの公園も自然が豊かなので、夏の夜に散歩するとカブトムシやクワガタに出会えます(^^)万が一出会えなくても、夏休み中は世界のカブトムシ・クワガタ展を管理棟で楽しめます(小規模です)♪

 

詳細はこちら

ohata.jp

 

菰沢公園(島根県江津市

公園内にある、広々ゆったりしたキャンプ場です。湖畔サイトは景色が良く、視界が開けていて開放感があります(^^)天気が良ければ、夜は星も見られます。

 

初めてここでキャンプした時に改修工事中で使えなかった遊具も、2020年に訪れた際はきれいになって使用できるようになっていました。キャンプサイトからは少し離れているので車での移動が必要ですが、そこは気分転換ととらえて、お子さんと遊びに行かれると喜ばれると思います☆

 

詳細はこちら

gotsu-kanko.jp

 

菰沢公園に関する過去の記事

familytraveler.hatenablog.com

 

北の原キャンプ場(島根県大田市

三瓶山にあるキャンプ場です。敷地が広いだけでなく、山ということもあって虫捕りはもちろん、天気が良ければ夜は満天の星空を楽しめます。アスレチックもあるので、子供たちは昼も夜も楽しめます(^^)

 

フリーサイトは1張単位で料金がかかるのですが、例えばテント+タープの場合や、2ルームテントの場合は2張計算となるので注意が必要です。

 

また、近くにサヒメルという自然館があり、プラネタリウムなんかも楽しめます。
週末は天体観測会もやってますよ☆


サヒメルの向いにある三瓶バーガーというハンバーガー屋さんもおススメ!食べ応えのあるお肉とふわっとしたバンズがたまらないので、是非お昼ごはんにお試しあれ(^^)人気なので、並ぶことしばしば。閉店前に売り切れることもあるので、早めに足を運んでくださいね。

 

詳細はこちら

三瓶山北の原キャンプ場

 

北の原キャンプ場に関する過去の記事

familytraveler.hatenablog.com

 

familytraveler.hatenablog.com

 

琴引キャンプ場(島根県飯南町

スキー場・琴引フォレストパークのすぐ近くにあるキャンプ場です。
何度かオートキャンプしていますが、敷地が広く、ゆったりと過ごせます。オートサイトは水道・流し台が各サイトについているので、料理・片付けがすっごく楽!


さらに天気が良ければ、夜には満天の星空を楽しめます(^^)

詳細はこちら

village.kotobiki.co.jp

 

わかあゆの里島根県出雲市

立久恵峡にあるキャンプ~場で、遊具はありませんが、キャンプ場の横に川があったり、川の向こう側に遊歩道があったりと、自然が遊び場になっています。

キャンプ料金内にシャワー代が含まれているので、小銭を出さなくて済むのが地味にありがたいです。また、チェックイン14時~、チェックアウト~12時と、ステイできる時間が長いので、一泊でもゆとりのある過ごし方ができます。

また、以前ステイした際は朝ごはん(ごはん・しじみ汁)の提供がありました。ありがたや!!管理棟に、人数分のごはんや汁物を入れる鍋・容器を持っていって、入れてもらうというシステムでした。ただ、コロナ禍においてこのサービスがどうなっているか不明なので、確認が必要です。

 

詳細はこちら

wakaayu-izumo.jp

 

目田森林公園(島根県出雲市

佐田町というところにある公園内のキャンプ場です。

キャンプ料金以外に別途入園料(大人1人200円、子供1人100円)が必要です。オートサイトは各サイトにベンチがあるので、これを利用するなら少し荷物が減らせます☆

魚釣りやザリガニ釣りが楽しめたり、ミステリーハウスや巨大迷路で遊べたりもするのですが、森林公園というだけあって、自然を楽しめるような公園になっています(^^)何度か利用させていただいていますが、クワガタ(これは結構たくさん見つけました)やオニヤンマ、カマキリなんかもいたりして、虫好きの子供にはたまらない公園かと思います。

 

詳細はこちら

www.meda-park.com

 

多古鼻マリンパーク(島根県松江市

海が見渡せる、解放感のあるキャンプ場です。何度か利用させていただいていますが、管理さんの対応がとても丁寧でホッとします。また、草花の手入れも行き届いていたのも印象的。目に入ってくるものが美しいと、心身ともに癒されます(^^)

 

ごみを回収してもらう場合、美化協力金1サイト200円が必要になります。また、オートサイトではありませんが、駐車場から近い(サイト近くまで車を持ってこられる)ので荷物の搬入は問題はありませんでした(^^)

 

海辺ではないので、海水浴したい場合は移動が必要です。

また、近くにチェリーロードがあるので、桜の季節はお花見ドライブ兼ねていかれると楽しめます!

 

詳細はこちら

www.takobana.com

 

ふるさと森林公園(島根県松江市

公園内にあるキャンプ場で、2021年にリニューアルオープンしました。サイトから少し歩いたところに子供たちが思い切り遊べる広場や遊具があります。サイトのタイプがいくつかあるのですが、全サイト車の乗り入れができ、電源や流しの有無、ペットと泊まれるかどうか、広さに違いがあります。

私たちはこもれびオートサイトに泊まって、コールマンの2ルームテント(5人用)を使用しましたが、テントの前にプラスαのゆとりがありました。炊事棟やトイレまで少し距離があるのが難点…ウォータータンクなどに水を入れて、キャンプサイトに運んでおくと便利かと思います(^^)

キャンプサイト周辺は道があって、子供たちはそこで遊んでいましたが、車が通ることもあるので注意が必要です。

 

詳細はこちら 

www.forestpark.or.jp

 

なぎさ公園(島根県安来市

きれいに手入れされた海辺で、しかも無料でキャンプできてしまうという贅沢なキャンプ場。遊泳は一応禁止されていますが、浜辺で遊んで過ごせます(^^)

 

車の乗り入れができないので、駐車場から荷物を運ぶのが少し大変(キャンプサイトが駐車場より低い位置にあり、10段ほどの階段があります)ですが、遠いわけではないので許容範囲。

 

朝方、管理人さんが浜辺を清掃してくださっていて、なるほどきれいなわけだ!と思いました。どうもありがとうございます…!

 

詳細はこちら

島根県安来市:くらし:十神山なぎさ公園の使用について

 

 

 

 

 

その他キャンプ関連の記事

 

 

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com

familytraveler.hatenablog.com