5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

山口県長門市 子連れにお勧め!湯本温泉の宿・枕水

旅行に行く際、私が最も時間をかけてしまうのが宿選び。いろいろ見て吟味するのが好き、というのももちろんあるのですが、ネットでわかる情報は一般向けの情報なので、小さな子供を複数連れて行って大丈夫なものか、とついつい神経質に情報をあさってしまいます。特に子供が3人となると、そもそも5人で1室に泊れるのか?という大きな課題にぶち当たるのです。

そんな私たちが山口県を旅行するにあたって見つけた、親子ともども大満足だった宿が長門市の湯本温泉にある『宝珠 湯の宿 枕水』宿です。この宿の良かった点がとてもキッズフレンドリーだったこと!ちなみに旅行した際の子供の年齢は6歳、3歳、1歳です。

キッズフレンドリーポイント①
ロビーに子供用のおもちゃが置いてあり、チェックインの手続き中はおもちゃで遊びながら待つことが出来ました。ウェルカムドリンクとして大人用に出された抹茶をのんびりいただけたのもおもちゃのおかげ☆(ちなみに子供にはカルピスを頂きました)

ちなみにロビーのおもちゃはお部屋に持って上がることも可能。大きい子用の漫画なんかも貸し出していました。

キッズフレンドリーポイント②
大浴場に子供用のおもちゃが置いてあり、お風呂で遊ばせることができました!これは今までに利用したホテル・旅館にはないサービスだったので驚き&感謝!通常、子供を温泉に連れて入ると『ママ―、熱い~もう上がろう~!!』とせかされるばかりの入浴で、温泉気分のかけらも味わえないことが多いですが、こちらのお風呂はお湯の温度もそこそこで子供が入りやすい温度でした。加えておもちゃをとっかえひっかえしながら遊んですごせるので、のんびり入ることが出来て私も満足・・・!!

キッズフレンドリーポイント③
晩御飯の際、子供用にはキッズプレートを頼む方が多いのではないかと思います。うちの子供たちもキッズプレートが大好きで、いつも頼んでいるのですが、沈水のキッズプレートは子供心をくすぐる嬉しいおまけが。なんとクジがついているのです!これまで頼んだキッズプレートにはおもちゃが付いてくることはあっても、クジはなかったな。そのクジをロビーの受付に持っていくと、クジに書いてあるお菓子がもらえるのです。もらえるものに大差はなくても、ちょっとした一工夫で子供の心をわしづかみです。子供が何に喜ぶか、よく考えて下さっているな~と拍手。

f:id:mattamanta:20170920193401j:plain
f:id:mattamanta:20170920193212j:plain
キッズプレートと大人用のお料理(いずれも夕食)。結構なボリューム!

キッズフレンドリーというか、私の娘がものすごく興味を持っていたのが、1階の大浴場「神泉の湯」、においてある如意宝珠という大理石で作られた玉。自分の願いが叶ったときの姿を思い浮かべ、お湯をかけながらなでると願い事が叶う玉だそうです。一生懸命願っていました。ドラえもんに会えますように、と。

f:id:mattamanta:20170920193032j:plain

なお私たちが宿泊したのは和洋室のお部屋で、洋室にシングルベッドが2台ありました。和室にお布団を敷いていただくことも可能なので、仲居さんに希望を伝えて都合のいいようにアレンジしてもらえます。(私たちは和室に4組布団を敷いてもらって、ベッドは使用しませんでした。)建物全体のつくりは古いですが、仲居さんたちも子供にやさしく、居心地のいい宿でした。

ちなみにもう1つ、湯本温泉にある別のホテルに宿泊したのですが、子供たちは『枕水のほうが良かった!広いお風呂でおもちゃで遊べるのが楽しかった!』と言っていました。子供用の浴衣を準備してもらえたのも嬉しかったようです。小さなお子様を連れて長門市あたりに行かれる場合は、沈水、おススメですよ~☆

参考:参考情報
ホテルから道に出ると、道に沿って川が流れており、お散歩にもってこいです。足湯もありますよ☆子供たちもお散歩して、川にもお湯にも足をつけて楽しそうにしていました。
また、ホテルの入り口がわかりにくい&急な坂になっていますが、大丈夫です、ちゃんと上まで上がれます!

宝珠 湯の宿 枕水
住所:〒759-4103 山口県長門市湯本2294-1
TEL:0837-25-3211
URL: http://yumoto-chinsui.com/