5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

鳥取県鳥取市 鳥取砂丘砂の美術館へいく!~子連れでも美術館、行けるだろうか…?~

今年のゴールデンウィーク福井県に行ってきました!と以前ブログで書かせていただきましたが、福井県から島根県に帰ってくる途中、鳥取県鳥取市にある、鳥取砂丘砂の美術館に足を運んできました。

familytraveler.hatenablog.com

前々から気になっていた美術館。行きたいけど出雲市からは結構距離があるし、かといって美術館のためだけに宿泊する気持ちにもなれず、しばらく我が家でペンディングされていた行先なんです。が、今回ちょうど福井からの帰り道だし、しかも割引券が手に入った!ということで、行ってきました!

【メンバー】
旦那さん、私、長女(6歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

【時期】
2018年5月上旬(ゴールデンウィーク)

【とんな場所??】
砂の美術館、という名前の通り、この美術館は世界中から集まった砂像の専門家たちが作成した砂像を楽しめる美術館!写真で見た時にはその規模がよく分かりませんでしたが、実際に行ってみると砂像のサイズ感にびっくり!机に乗るくらいのサイズをイメージしていたので尚更かもしれませんが(笑)、人のサイズを大幅に上回る大きさの砂像がいくつも展示室に並んでいます。そのスケールの大きさに、ただただ圧倒されました。

f:id:mattamanta:20180531232736j:plain
上から見るとこんな感じです

これらの砂像、てっきり接着剤なんかで固められているのかと思いきや、砂と水だけで作られているのだそうです。砂と水で作ったブロックを丁寧に削って加工していくのだそうです。砂と水のみで作っているため、衝撃により崩れてしまうこともあるそうです。
2018年4月~2019年1月のテーマは砂で世界旅行・北欧編でした。名前がまたロマンチックですよね~!!テーマは毎年変えて展示をされているとのことなのですが、専門家たちが想いを込めて作り上げた目の前の展示が永遠のものではないのかと思うと、それもまた儚くて、一層心を打つなぁと思いにふけってしまうのでした。f:id:mattamanta:20180531232316j:plain

【所要時間とコスパ
スケールが大きく、心を奪われるような展示の数々なのですが、規模としてはそんなに大きくなくて、大きな展示室にすべての砂像が納まっているような感じです。さっと周ろうと思えば、20分程度で周れてしまうレベル。一つ一つゆっくりじっくりみて、写真も撮りたい!と思っても、1時間もいらないのではないかなと思います。一般的な美術館と比べると規模も小さく、払う身としてはちょっと割高かな~というのが正直な感想。もちろん、これだけの作品を作り、展示していることを考えたら妥当なお値段なのだろうけれどね。

【子連れで行った感想】
子供たちは大きな砂像を目の前に、ワクワクが止まらない様子でした。特に、今回のテーマが北欧だったということもあって、サンタさんや動物、人魚姫など、子供の心をくすぐる展示も数多くあったんですね。

f:id:mattamanta:20180531232412j:plainf:id:mattamanta:20180531232916j:plain
子供たちと一緒に見られてよかった!とは思うのですが・・・砂像と通路の間、柵がないんです・・・
f:id:mattamanta:20180531232620j:plain境目はあるのですが、はしゃいでうっかり転んで、砂像を破壊してしまったら・・・と想像すると気が気じゃなくて、自分が思うようにゆっくり見ることができませんでした...いや、子供と美術館に行くということ自体、とても難しいのに、柵のない砂の美術館ですからね。ハラハラが止まりませんでした。長女は落ち着いてみていることができましたが、メンズはなかなかそれが難しく...本当に本当に無事に終えられてよかったです(笑)
抱っこして歩ける子供、あるいはある程度落ち着いて歩いてくれる子供でないと、連れて行っても気持ちよく見て回れないかもしれません(><)
ただ美術館側も配慮してくださっていて、外には砂場スペースが設けられていて、雨さえ降っていなければ、子供を遊ばせることも可能です。子供を砂場で遊ばせつつ、夫婦で代わりばんこでゆっくり展示を見に行くというのもいいかもしれませんね!

【周辺情報】
鳥取砂丘の近くとはいえ、砂丘は見えないのだろうと思っていたのだけれど、行ってみたら結構近かった!美術館に向かう道中に砂丘が広がり、駐車場周辺からも見渡せるという近さにびっくり!夏に鳥取砂丘でキャンプ予定なのですが、一足先に砂丘の眺めを見られてラッキー♪
美術館の周りにはお土産屋さんや食堂もあって、結構にぎわっています!私たちが一番驚いたのは、お店にあるお土産の種類の多さ、そして試食の多さ!(笑)味分からずに、人にお土産買えないですもんね。助かります!!(でも、小さい子供たち連れてると、試食が試食じゃなくなるのでちょっと大変ですが・・・^^;)

鳥取砂丘砂の美術館
住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
電話:0857-20-2231
営業日と時間:
平日、日曜日 午前9時〜午後6時
土曜日 午前9時〜午後8時
料金:
大人 600円、子供(小中高生) 300円、未就学児 無料
URL: http://www.sand-museum.jp