5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

島根県仁多郡奥出雲町 奥出雲多根自然博物館のナイトミュージアムが楽しい!~クイズと懐中電灯で探検気分♪~

寒い3連休...皆様いかがお過ごしですか?島根県は先週、結構な積雪があり、子供たちは雪遊びに、大人は雪かきに(そして子供たちの雪遊びによる大量の洗濯に)忙しい日々を過ごしていました(^^;;出雲市は普段あまり雪が降らないらしく、今年は異常とのこと。雪が積もった場合の対策があまりなされておらず、道路は常に凍結状態...困ったものです。

この3連休、どこに行こうかとずっと考えていたのですが、3月に四国に旅行する予定を立てていること、そして近隣の行きたい場所の見ごろがいまではないということもあって、遠出はしないという珍しい結論をくだした私たち。

でも、どこも行かないのは面白くない!こんな季節は屋内で楽しめるところに行こうじゃないか!ということで、前々から気になっていた奥出雲多根自然博物館に行ってみることにしました。

うちの子供たちは大の恐竜好き。その中でも長男は2歳のころのお出かけのお伴は小学館の恐竜図鑑、そこらに落ちている木の枝さえも恐竜に見えてしまうほど、頭の中は恐竜のことでいっぱい。そして島根県に恐竜に会える博物館があると知って以来、ずっと行きたがっていたんです。

奥出雲多根自然博物館は島根県仁多郡にある施設で、出雲市から1時間ほどという日帰りでもアクセスしやすいところ。規模はあまり大きくないので日帰りでも十分ではあるのですが、この博物館、実は宿泊施設が併設されているんです~!!

博物館で宿泊できるところって、他にあるのかな、と思って調べてみたところ、美術館としてはいくつか泊まれるところがあるようですが、博物館としては見つかりませんでした。これは泊まるしかないでしょ~!!と、期待で胸をいっぱいに膨らませて行ってきました。

 

【博物館について】
到着してまず一番初めに迎えてくれるのがアロサウルス骨格標本
f:id:mattamanta:20180211170240j:image
もちろんレプリカですが、結構近づいてみることができるので迫力満点。さらにエウオプロケファルスの骨格標本ティラノサウルスの頭骨の展示がある他、触ってもよいアパトサウルスの上腕骨も展示されているんです。

f:id:mattamanta:20180211170523j:plain

恐竜だけでなく、宇宙がどのように生まれたのか、そして生命がどのような歴史をたどってきたのかを説明するパネルがあったり、鉱物や貝、海の生物をテーマにした展示があるなど盛りだくさん!

子供たちが一番楽しんでいたのは、各時代に生存していた生き物を、その時代の映像の中から探し出すPCゲーム。大きな画面に映し出されるのでみんなで楽しめますし、見つけた各生物の解説も見られて大人にも面白い。

個人的には貝の展示が素敵だったな。自分たちではなかなか見つけられない貝や、見たことのない貝が展示されているのですが、光やディスプレイボックスを工夫して、芸術的な空間を作られていました。

f:id:mattamanta:20180211170341j:plain

博物館の規模は聞いていた通り小さく、2フロア分展示がありますが、じっくり見て回っても1時間~1時間半くらいで周りきれます。

 

【宿泊者特典について】
この博物館に泊まるメリットといえばやはりナイトミュージアムなのではないでしょうか。照明がナイトバージョンになったミュージアムは、昼間の雰囲気とは一味違って、なんとなく神秘的で心がドキドキします。

 

また、毎日夜に行われている博物館クイズというものがあるのですが、これがまた探検気分を味わえていいんです!私たちはナイトミュージアムの時間帯に行ったのですが、懐中電灯とクイズ用紙をもって、博物館内を回りながら問題答えを見つけていくのですが、問題も工夫されていて大人でも面白かったですよ!長女はクイズラリーがすごく楽しかったみたいで、ずっと『楽しかったな~!!』と目をキラキラさせていました(^^)

クイズの点数が80点以上になると記念品がもらえる、ということで、子供も大人も燃えましたよ~(笑)

f:id:mattamanta:20180211165858j:plain
f:id:mattamanta:20180211165351j:plain
左が昼の、右が夜の写真。気が利かず、違う方向から撮影してしまいました(^^;;

 

【宿泊について】
私たちはシングルベッドが3台準備されたトリプルルームの2食付きスタンダードプランを予約したのですが、お料理の種類などによってプラン様々でした。じゃらんのサイトからも予約できますし、多根自然博物館のホームページからも予約が可能です。

お部屋とアメニティはこんな感じ。

f:id:mattamanta:20180211164950j:plain f:id:mattamanta:20180211164956j:plain

寒かった時のために毛布を準備してくださっていました。お部屋はかなり狭いので、暖房を付ければあっという間に温まります(^^)

トイレとお風呂は共同で、お風呂は同じ建物のものを使用することもできるし、博物館の前の道を挟んで向かい側にある長者の湯という温泉を利用することも可能です。

長者の湯は8:00~21:00、6:00~8:00が利用時間(定休日:第2、第4火曜日)なのですが、私たちは食事やナイトミュージアムに忙しく、長者の湯は利用しませんでした(朝も起きれなかったしね…汗)。代わりに博物館のお風呂を使わせてもらったのですが、博物館のお風呂を希望されるお客さんがどれくらいおられるかによるかもしれませんが、私たちが利用したときには片方のお風呂を貸し切りにしてくださり、家族で入ることができました。小さい子供を連れていく場合、家族で入れると助かりますよね!

一点寒がりな私にとって辛かったのは、廊下やトイレ、お風呂の脱衣場が寒かったこと(><)エコではあると思うのですが、ホテルって基本的にどこも暖かいイメージだったので驚きました。まぁ、ずっとそこにいるわけじゃないからいいんだけど...暖かかったらもっとよかったな。

ちなみに宿泊料金は1泊2食付きで大人1名7,250円、添い寝2食付きの幼児が1名1,400円でした。入浴税(大人1名150円)と合わせて1泊5人で17,600円。さらに博物館への入館料はすべて宿泊料金に含まれています。例えば1泊の場合、チェックインした日も、チェックアウトの日も無料で入館できるということです。食事も入館料も含めてこの値段だったら、お得ですよね!!

【お料理について】
お料理は、いろんなプランがありますが、私たちは八重垣御膳をお願いしました。もっと豪華にしたい!という場合は、お肉やお刺身なんかを付けたプランもありますが、豪華さはないものの八重垣御膳も十分おいしく、量も十分でした。私たちは、大人2人が八重垣御膳、長女と長男はお子様ランチ、次男はみんなから取り分ける形にしましたが、ごはんのおかわりもできたのでお腹いっぱい食べられました。

お子様ランチの量ですが、次男は食べにむらがあるので、今回オーダーしませんでしたが、もしオーダーしていたら食べられなかったかも。2歳くらいの子供でしたら、お子様ランチは量が多いのでとりわけで十分かと思います。年長さん~小学生の低学年の子にちょうどいい量かな~と思います。

夕食は、すみません、写真撮り忘れました・・・朝食は下記のような感じです。洋食と和食から選べます。次男は私と長男のを分けて食べましたが、量は十分(^^)

f:id:mattamanta:20180211165409j:plain
f:id:mattamanta:20180211165413j:plain

なお、車で移動すれば見つかるかもしれませんが、博物館周辺にはあまり食べるところはありません。私たちは、今回特に行きたいお店があるわけではなかったので、ナイトミュージアムやお風呂のことを優先して今回博物館のレストランで食事をしましたが、個人的には楽でよかったですよ~!

レストランにはハイチェアや子供用のスプーン・フォーク・箸・お皿やお椀も準備されています。個人的に、子供サイズのお箸があったのはありがたかったな~! 

 

こんな感じで奥出雲多根自然博物館を堪能してきましたが、スタッフの方々もとても親切で居心地のよい施設でした。何より薄暗いナイトバージョンの照明の中、懐中電灯を持って問題の答えを探すワクワク感は本当によかった!

こちらの博物館に行きたいな、とお考えの場合、是非宿泊してナイトミュージアムと楽しまれることをお勧めします!

 

 

奥出雲多根自然博物館
住所:島根県仁多郡奥出雲町佐白236-1
TEL:0854-54-0003
URL:http://tanemuseum.jp
入館料:大人500円 高校生・大学生300円 小学生・中学生200円
休館日:毎週火曜日、年末年始
開館時間:9:30~17:00(宿泊者限定17:00~21:00)