5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

沖縄県本部町 美ら海水族館に行く!~少しでも人混みを避けて快適に周るコツ~

f:id:mattamanta:20171222131234j:image
沖縄本島に行く、となったら外せないのが美ら海水族館。中でも巨大アクリルパネルで作った水槽で泳ぐジンベエザメやマンタに会いに行くことを、私と子供たちはとっても楽しみにしていました。

私は以前パラオでダイビングした際マンタに出会って以来、マンタに恋しています。そしてなぜかうちの長男はジンベエザメが大好き。一緒に泳いだことはないし、本物を見たことがあるのは赤ちゃんの時。あえて言うなら、以前住んでいた近所にある科学館に偽物のジンベエザメの展示があったから、それで親近感を持っているのかな・・・??

偽物であれなんであれ、『好き』や『興味』のきっかけを与えてくれてありがとう。

さて、世界的に有名な美ら海水族館。平日だし、混んでないといいな~なんて期待はとっても甘い!甘すぎる!!混んでましたよ~開館30分後くらいに行きましたが、混んでいました。修学旅行とかぶっていたり、外国人旅行客(特に中国と韓国の方)が団体でこられていたり、かなりの人。

ここは休日も平日も、関係ないのでしょうね。あるいは、休日や祝日はもっとすごいのか・・・??

今日は、『正解だったな!』と思った、快適に美ら海ワールドを周るコツを紹介します。

 

■宿泊は美ら海水族館のお近くで!■

那覇に到着してから、那覇を拠点に美ら海水族館まで出かけた経験がある方とお話ししたのですが、その際言っておられたのが、那覇から美ら海水族館までの道は渋滞する可能性が高いということ。その方は朝5時頃に出発して水族館に行ったといわれていました。

ちなみに私たちがオン・ザ・ビーチ ルーを出発して那覇方面に行く際、対向車線(つまり那覇から美ら海水族館に向かう道)がものすごく渋滞していました。この時は事故渋滞だったのですが、どこまでもどこまでも続く渋滞を見て、水族館の近くに泊まって正解だったな、と思いました。

近くに泊まればしっかり寝て、のんびり朝食もとれるし、美ら海水族館付近に宿泊していかれることをお勧めします!!

 ちなみに私たちはこちらに宿泊しました。美ら海水族館まで15-20分です

 

 

■朝一で行って、まずはアクリルパネルの黒潮の水槽へ!■

f:id:mattamanta:20171222131154j:image
美ら海水族館でのお勧めな周り方は、開館時間に合わせて水族館に行き、まず黒潮の水槽(例のジンベエザメとマンタが入っている水槽)へ行くこと。そう、ほかの人がここまで流れ着く前にこの水槽を堪能するのです!

ほかのところはすっ飛ばしても大丈夫。その後入り口に戻る、あるいは一度出て再入場すればいいのですから。もちろん、ほかの水槽を周る際は大勢の人々にもまれながら周ることになります。でも、どの展示も工夫があって面白かったのですが、やっぱり黒潮の水槽はずば抜けていい!なので、少しで人が少ない時間を狙っていくことをお勧めします。

 

■マンタの餌付け■

f:id:mattamanta:20171222131211j:image
これはスケジュールが変更になったりするかもしれないので、絶対ではないですが、朝一で黒潮の水槽に行って、そのまま私たちはその水槽を最前列で堪能ていました。すると、9時半ごろ、マンタの餌付けが始まったんです。これ、必見。感動を半減させてしまっては申し訳ないのでここではエサの食べ方は割愛しますが、私、マンタの舞に感動が止まりませんでした...(感涙)

もし、毎回この時間にマンタの餌付けを予定しているのであれば、朝一番で黒潮の水槽行けば、最前列で写真とったり堪能できるうえ、そのまま餌付けを楽しめます。かなりお勧めです。

 

■その他おススメ■

・美ら海シアター
こちらでは映像で海や、そこに住む生き物について解説してくれるのですが、上映していない時間ここのシアタースクリーンが空いて、なんと黒潮の水槽が見えるようになっているんです。ジンベエザメ好きにはたまりませんよ。何度も何度も周遊してきてくれるので、ジンベエザメを近距離で眺められます。

・カフェオーシャンブルー
黒潮の水槽の横にはカフェがあります。まったりお茶しながらマンタやジンベエを満喫できます。

・エメラルドビーチ
美ら海水族館から出て少し行ったところに、エメラルドビーチというビーチがあります。ここのビーチ、とってもきれいです!!のんびりできるので、天気がいい時はお散歩&まったり遊んでみてくださいね。貝殻はほとんどありませんでしたが、砂がきれいで、子供たちは砂遊びに夢中でした。

 

■料金と半券について
下記が美ら海水族館の通常料金です。が、沖縄のいたるところで割安チケットを販売しています。水族館に行く途中でも購入できるところは複数あるので、そちらで購入してから水族館に向かった方がお財布にやさしいですよ~

また、美ら海水族館に入館する際のチケットですが、入館後半券を渡してくれます。もし、美ら海水族館に行った後に国際通りに行く予定がある場合は、半券をとっておくといいですよ。国際通りにある美ら海水族館のアンテナショップで半券見せると、ガチャポンくじのコインに替えてもらえるんです。子供はガチャポン大好きだから、喜ぶこと間違いなし。うちの次男はガチャポンくじでジンベエザメのぬいぐるみを当てました(^^)外れても、美ら海の生き物たちのシールをもらえます。

f:id:mattamanta:20171222132350j:image

 

美ら海水族館、思ったほどの規模ではありませんでしたが、思っていた以上に迫力があり、何度沖縄に行ったとしても外したくない場所だなと感じました。

また、美ら海水族館は海洋博公園の中にある施設なので、美ら海水族館を出てからも足を運べる場所がたくさんありました。海もあるし、子供むけのプレイグラウンドもあって、天気が良ければ一日中楽しめますよ(^^)

 

美ら海水族館
住所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
TEL:0980-48-3748
HP:https://churaumi.okinawa
営業時間:
10月‐2月 8:30-18:30(入館締め切り17:30)
3月-9月 8:30-20:00(入館締め切り19:00)