5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

我が家の節約術~絞るところは絞る!どこ絞る?


おいしいもの、きれいな景色、新しい知識…旅先で子供たちと(そしてもちろん夫とも())いろいろなことを共有できることに幸せを感じるわけなのですが、旅行を計画するにあたって、毎回目をつむりたくなるのが旅行にかかる費用…これは仕方がない事なのだけれど、人数が多くなるほど公共交通機関やホテルにかかる費用がかさむのって辛い私と夫の共通概念として『旅行と食事にはお金をかけてOK!』というものがあるので、『素敵な旅行のためだし、ま、いっか!』を合言葉に旅行計画を進めていくのですが、そうはいっても予算を絞りたい項目と、そこで絞った分を上乗せしたい項目があるわけです。きっと旅行を愛する方々の多くが、私たちと似たような考えなのではないかなと思います。

 

そこで今回は、我が家の旅行節約術をシェアさせていただこうと思います。

 

■旅行で費用がかさむ項目は移動手段と宿泊先

旅行の費用は移動手段と宿泊先によって大きく左右されますよね。飛行機や新幹線を使うとなれば、基本的に人数分の座席料金がかかってきますし、自家用車を使っていくにしても高速代がかかります。

 

宿泊先も同じで、小学生以上になってくると、立派に料金がかかってきます。独身時代にフル活用していたビジネスホテルも、子供が増えてくると料金的なメリットを感じられないのが現実です。

 

■我が家の移動手段節約術

これに関しては人数が多い=荷物が多いということ、そして1人当たりの乗車料金を考えると、電車も飛行機ももったいないと思うということから、今のところ陸路で行けない距離でない限り、自家用車に荷物を積み込み、ブランケットやら枕やらを準備していつでも寝られる態勢で陸路をでひたすら進みます(しかも下道…())。

 

★下道&夜中出発作戦★

下道でひたすら進み、どうしようもないところだけ有料道路を選択する、というやり方で進めば、基本的に移動代はガソリン代のみで済みます。さらに言うと、子供たちがトイレに行きたいときや、お腹がすいてきたときにも、そこここらに点在しているコンビニに助けてもらうことができます...

 

下道を使ううえでポイントなのは、夜中に出発すること!下道だと、頻繁に信号につかまってしまうことがありますが、夜中だったらそんなに信号につかまらないし、道もすいていて運転しやすいです。よって、移動時間が大幅に削減できます...

 

例えば先日熊本に遊びに行った際の話ですが、私たちは夜23時に出発して6時台に阿蘇山に到着しました。所要時間、7時間半くらい。これがルート検索サイトで日中出発で検索するとこんな感じになります。

・朝10時発 高速利用有り… 南阿蘇到着時間 19時半ごろ(所要時間9時間30)

・朝10時発 高速利用無し… 南阿蘇到着時間 翌午前1時半ごろ(所要時間15時間30)

 

夜出発だと、高速使うよりも2時間早くつけるんです…!しかも朝からゆっくり周れます。さらに言うと、子供たちが車で寝てくれるので、『まだなの~?』『お腹すいた~』『暇~』の攻撃がありません() お金も移動時間も、子供のパワーもセーブできるんです…!!

 

★夜中出発の注意点★

ただし、夜中出発だとドライバーは眠たくなるので、その点は注意が必要です。日中でも居眠りする人がいたりするんだから、夜中はもっと注意が必要なのです。安全に運転できるように、我が家では、出発当日は夫に、夜7時くらいにいったん寝てもらってます。(出発の時間にもよりますが、子供たちは出発までの間、起きててもらいます。車で寝てほしいから()) そして車の中では、先に夫に運転してもらって、その間私は助手席で仮眠。必要に応じて途中で運転を交代する、という方法で出かけています。

 

また、長時間の運転で首や肩ががっちがちにこってしまうことがあると思います。我が家はその対策として(そして快適に社内で仮眠をとるため)、無印のネックピローを使っています。柔らかくていい感じ。対向車のライトが気になる方は、フードつきのピローをお勧めします(^^)

 

無印のネックピローでは厚みが足りない!という夫は、バスタオルを適当な厚みになるようにくるくるっと丸めて、ヘッドレストと自分の首の間に挟んでいます。バスタオルのいいところは、たたみ方・丸め方を変えられるところ。支える場所を変えたいときは、背中と座席の間に挟んだりしているそうです。

 

あとは気分が上がる音楽と、お腹がすいたとき用のお菓子・おにぎり、コーヒーがあれば楽しくドライブできちゃいます!

 

■我が家の宿泊費用節約術

さて、旅行する際にお財布を悩ませることのもう1つが、旅先での宿です。子供たちが大きくなるとともにかさんでくるのが宿泊料であります…(^^;; 小学生以上のお子さんを連れて旅行に行かれる方は、きっと同じ悩みに直面されているのではないかと推測します

 

★お昼寝布団持ち込み作戦★

うちの場合、下2人の子供たちは現在未就学児なので、『添い寝』で対応いただける宿泊先が結構あるんですよね。布団が3組あれば、大人2+子供3人、窮屈な感じはなく寝られます。

 

そして例えば小学生まで添い寝無料の宿泊先があった場合は、『大人2人』で和室を予約しています。なぜかというと、和室にしておけば、自分でお昼寝布団を持って行って、みんなで広々と寝られるから…!ちょっとケチケチしすぎかな、と思ったりもしますが、お布団の要否で結構宿泊代って変わってくるんですよね宿泊代をセーブした分で、みんなでおいしいものが食べられたらいいなっていつも思っているので、ここはこの作戦を使っています(笑)

 

★ロッジ・ケビン作戦★

それでも自分たちに合った宿泊先が見つからない場合、私たちはロッジやケビンを探します。夏ならキャンプも視野に入れるのですが、旅行が長期だったり、遠方だったりすると、キャンプ用品を持ち運ぶだけのスペースが足りなかったりするので、基本的にはロッジやケビンです。ロッジ・ケビンの多くは、一棟単位で値段が決まっているので、家族旅行の宿泊先として利用すると、一人当たりの宿泊代がかなりお安くあがります。

 

『でもケビンやロッジは、冬は寒いんでしょ?』と言われる方もいますが、施設によって異なるかもしれませんが、ストーブや電気カーペットが完備されているので、寒くありません。毛布なんかも準備してくれています。

 

以前冬にロッジに泊まりたいと思い調べたキャンプ場には、ロッジとバンガローがあったのですが、暖房のないバンガローは冬季は利用できないようになっていました。冬季に利用できるロッジ・ケビン等は、確認は必要ですが、暖房類がついているところが多いのではないかと推測します。

 

ちなみに、ロッジ・コテージ・ケビン・バンガローなどいろいろな呼び方がありますが、施設によって装備にばらつきがあるので、一概に『ロッジはこんなところ!バンガローはこんなところ!』と説明しにくいのですが、バンガローは寝袋などを持ち込む必要があったり、暖房がなかったりする印象です。逆にロッジやコテージはお風呂やトイレ、冷暖房が完備されていることが多い印象です。

 

キャンプ場での宿泊を検討する場合は、どのような設備が整っているのか、きちんと確認をして予約してくださいね(^^

 

★ビジネスホテル作戦★

昔はよくビジネスホテルにお世話になっていました。が、子供が3人となると、もはやビジネスホテル1部屋予約しても寝られないことが多く、基本的にビジネスホテルは候補から外すようになっていました。

 

が、最近時々、ロフト付きの部屋のあるビジネスホテルを見かけます。ロフトと言っても、2段ベッドに近い感じなのですが、下にクイーンサイズのベッド、上にシングルサイズのロフトベッドがあるような状態なので、子供が3人でも、年齢が低い間は泊まれます。

 

我が家の場合は、クイーンに次男と夫と私。ロフトに長女と長男、という構成で寝てみましたが、普段より狭くても、ロフトベッドのスペシャル感にそういうデメリットはカバーされているように感じました。

 

さらに言うと、すべてではないかもしれませんが、こういうお部屋を提供してくれるホテルって、小学生以下は宿泊無料だったりして(感涙)。ありがたすぎ~

 

もう少し大きくなって手狭になっても、その頃にはビジネスホテル2部屋作戦を使えば、宿泊料金によっては5人一部屋で過ごすよりもぐっと費用を抑えられそうです。一人当たり2000円台で宿泊できるホテルもあるので、うまく予約ができれば、仮に子供たちがみんな大きくなってきたとしても、気構えするほどの額にはならなさそう。

 

そのためにも早め早めのスケジューリング&予約が重要になってきますね!

 

+αの節約術

・水筒持参

これ、地味に節約できます・・・!しかもごみを出さないのでエコです。ホテルや旅館のお部屋にはお茶が準備されていることが多いと思いますが、私はこのお茶を作って水筒に入れて、一日動き回ります。子供たちは冷たいお茶が好きなので、冷水を入れたり、コンビニで買ったお茶を入れたりして持ち歩きます。荷物は増えるけど、のどが渇くたびにお店に入る時間も、購入するお金も節約できますよ(^^)

 

・健康保険証など誕生日が確認できるもの持参

テーマパークなど、誕生日月に割引サービスがある場合があります。大人は免許証があるから大丈夫だけど、子供の身分証明ってなかなか普段の持ち物にはない(^^;; 私、一度子供の誕生日確認ができないということで、割引や誕生日のサービスなどが受けられなかったことがあるので、皆さんには是非伝えておきたい…!お出かけの際は、お子様の健康保険証など、誕生日確認ができるものをご持参いただくことをお勧めします!大したサービスではなくても、ちょっとした特別感が子供をハッピーにしてくれますし、旅を少し素敵にしてくれます(^^

 

 

長々と書きました。最後までお読みいただきありがとうございます。

旅の形は十人十色ですが、少しでも参考になる部分があれば嬉しいです。
そしてその節約術でもっとたくさんの人が素敵な景色や食べ物に出会って、思い出作りができたらこれ以上ありません(^^)

 

鳥取県米子市 大山どりびっくり市に行く!~ボリュームにもお値段にもびっくり!~

前々から旦那さんが『鳥取で大山どりをリーズナブルに購入できる市があるらしい』と興奮気味に話していた大山どりびっくり市。機会があれば是非行ってみたいな、と思っていたのですが、先日とうとうその機会に恵まれ、行ってきました!

 

【訪問時期】2019年8月下旬

【メンバー】旦那、私、長女(8歳)、長男(5歳)、次男(3歳)

 

☆雰囲気☆
びっくり市が行われているのは大山どり本社の外。ナビで住所入力して向かっていくと、目的地周辺に行けばびっくり市の看板が出ています。大山どりにお勤めの方でしょうか、駐車場案内してくださいます(^^)駐車場は、びっくり市の規模や滞在時間を考えると十分。回転が早いので、駐車スペースに困ることはないのではないかなと思います。

f:id:mattamanta:20190924104550j:plain
f:id:mattamanta:20190924104542j:plain

びっくり市の雰囲気はこんな感じ。駐車場からテントの方に向かっていくと、威勢の良い声が聞こえてきます。そしておいしいにおい…迷わずから揚げを購入(笑)写真を撮り忘れましたが、大きなパックに大きなから揚げがたっぷり入って500円でした。10個以上入っていたかと思います。到着早々お得感を感じました(^^)

そしてずらっと並んだテントには、お肉の種類と価格が書いてあります。1㎏とか、2㎏とかの単位で売られており、どれもボリュームがあるうえ、価格もリーズナブル!楽しくなって、いろいろと買ってしまいました(笑) 

お肉はこんな感じで販売されています。(こちらは鶏もも肉 2㎏です)

f:id:mattamanta:20190924105307j:plain


ちなみにお肉を購入すると、1家族につき1パック、たまごをもらえます☆

お肉のほかにも、ポップコーンやアイスクリームなんかも販売されていました。一般的な屋台の値段と比べると、これらもお安く提供されているイメージ。子供にちょっとねだられても、『まぁいっか!買ってあげよう!』と思えるお値段。そうそう、牛タンもありました!

 

☆滞在時間☆
回転が早い、と上述しましたが、大きな規模の市ではないので、何時間も過ごされる方は少ないのではないかと思います。お肉を買って帰るだけなら30分もあれば十分。その場で食べられるものを買って食べるとしても、1時間あれば十分すぎると思います。

 

☆持っていくといいもの☆
間違いなく保冷バッグは必要です!忘れてしまった場合は、発泡スチロールを現地で販売されているようなので、こちらを利用されるといいかもしれません。

 

☆開催頻度☆
こちらのびっくり市、毎日・毎週開催されているものではありません。開催されるのは月に一回だけ。ですので、行かれたい場合は日程のチェックをお忘れなく。
ちなみに今月の開催は今週末(9/29 日曜日)だそうです!

 

☆その他☆
びっくり市のホームページがあるのですが、あまり更新されていないのか、開催日程や最新のチラシが確認できません(2019年9月24日現在)。興味がある方は、ホームページの「会員募集」からメールアドレスを登録しておくと、開催日程やチラシに載る情報をいち早く知ることができます(^^)

 

大山どりびっくり市
住所:米子市淀江町中間16-2
開催時間:9:00~16:00
HP:https://www.daisendori.co.jp/tokusyu/bikkuri/

 

 

鳥取県八頭郡 大江ノ郷リゾートに行く!〜田舎でオシャレに癒される〜

先日のブログにて紹介させていただいた鳥取県八頭郡にあるOOE VALLEY STAYの近くにある大江ノ郷リゾート。敷地自体はそんなに広くないので、さっとお土産だけ買って帰るのであればあっという間の滞在、となりますが、おいしいものを食べたり買ったりできるだけでなく、いろいろな体験もできるので、子連れ旅行にも嬉しい雰囲気があります!

f:id:mattamanta:20190913193547j:plain
f:id:mattamanta:20190913193840j:plain
外観と中にあるパン屋さん

 今回、私たちは偵察がてら行った感じだったのですが、目当てのパン&プリン(写真撮り忘れたー😭)も買えたし、ココガーデンの大人気のパンケーキも食べられて大満足!

f:id:mattamanta:20190913193806j:plain
f:id:mattamanta:20190913193803j:plain

 

ここガーデンはパンケーキだけでなく、パフェや卵かけご飯なんかもあります(卵かけご飯は11時~)。

 f:id:mattamanta:20190913193729j:plain

 

子育て支援として島根県から配布されるこっころカードを提示したところ、子供たち一人一人に小さいカップに入ったソフトクリームをサービスしてくれました☆鳥取県で配布される子育て支援カードもサービスの対象になっていました。お持ちの方は、提示をお忘れなく(^^) 

 

☆混雑具合について☆
私たちは日曜日に八頭郡入りし、大江ノ郷へは月曜日に行きましたが、日曜日の15時ごろは、お店(パンケーキで有名なココガーデン(coco garden))の外まで行列が・・・!そして月曜日の朝10時に向かうと、平日にもかかわらず、ちらほら人が。10時半ごろにcoco gardenに入ってオーダーしましたが、その時点でパンケーキは待ち時間40分。待ってる間に席はどんどん埋まり、暑い日でしたが、11時ごろには外の席もいっぱいでした。

ちなみに12時ごろ、パンやソーセージを買いたいな、と思い、隣の建物に向かうと、YAZUバーガーはすでに売り切れ、パン屋さん(パティスリー・ブーランジェリー サンク)にも列が。

 

☆体験について☆
こちらのリゾート、大人も子供も楽しめるようにいろいろな体験プログラムが準備されています。私たちもソーセージ作りを楽しみにしていたのですが…なんと前日までに予約が必要だったのです。ホームページを見てみると、各種体験プログラムの詳細に加え、空き状況も確認できるようになっています。是非体験を希望される方は、お早めにご予約されることをおすすめします(^^)

 

大江ノ郷リゾート
住所:〒680-0414 鳥取県八頭郡八頭町橋本877
TEL:0570-077-505 (電話受付時間/9:00〜19:00)
営業時間:10:00~18:00
(お店によって18時よりも早く閉まるところもあるので、行かれる前に確認してくださいね^^)
HP:https://www.oenosato.com/resorts/

 

 

familytraveler.hatenablog.com

 

 

familytraveler.hatenablog.com

 

 

鳥取県八頭郡 OOE VALLEY STAY(オオエ バレー ステイ)に泊まる!~小学校をリノベーションしたおしゃれで楽しいホテル~

最近何気なくつけたテレビで紹介されていたOOE VALLEY STAY。もともと小学校だった建物をリノベーションして宿泊施設への生まれ変わり、今年(2019年)7月にオープンしたばかりというこのホテルで、体育館ではボルダリングやトランポリンなんかが楽しめるという、なんとも楽しそうな場所として紹介されていました!

いろんなところに泊まりに行くのが大好きな私たち。このホテルがあまりにも気になって、その晩即行予約をし、行ってまいりました☆f:id:mattamanta:20190907132155j:plain 

 

宿泊時期:2019年8月末
メンバー:夫・私・長女(小学校2年生)・長男(年長)・次男(年少)

その場所は鳥取県八頭郡にあります。周辺は自然に囲まれていて、もともと小学校であったこともあり、周りには民家もあったりして、なんだかのんびりとした日本の昔ながらの風景に癒される風景(^^)

ホテルは、というと、校舎の良さを残しつつおしゃれな感じもしていい!好き!

☆お部屋☆
私たちが宿泊したのは、ファミリー向けのLOFT4というお部屋。2段ベッドが2つ入っているのですが、よくキャンプ場のキャビンなんかで見られる2段ベッドとは違って、子供心(だけでなく大人の私の心も)をくすぐる作り。最近やたらと階段やハシゴを好む長男のテンションは右肩上がりでございました。

f:id:mattamanta:20190907130232j:plain
f:id:mattamanta:20190907130436j:plain


ベッドはいずれもシングルですが、幼稚園児の子供であれば、大人と一緒に寝ても、広さ的には問題ありませんでした。

 

アメニティもこの通り。個人的に、オーガニックコーヒーがおいてあったり、ポットがバルミューダだったりするのが贅沢な感じで好きでした(

笑)

 

f:id:mattamanta:20190907130423j:plain

☆体育館☆
私たちの目的でもあった体育館。こちらは宿泊客以

 


外も利用できますが、宿泊客もそうでない利用者も有料となります。ただ、宿泊客が利用できる時間は、宿泊客以外が利用できる時間に比べて圧倒的に長いです(^^)宿泊客の場合、1回の利用料金で宿泊当日からチェックアウトの時間まで遊べるそうです。

f:id:mattamanta:20190907130446j:plain
f:id:mattamanta:20190907130517j:plain

 

 我が家のキッズはトランポリンに特に夢中になってました。自宅にあるトランポリンよりもずっとずっと大きいトランポリンに身を任せて、いろいろな技に挑戦していました。他のお子さんたちも遊びに来られたりしていましたが、大きなトランポリンが3台あるので、譲り合ったりしながら使ってました(^^)

f:id:mattamanta:20190907130632j:plain


そして長女が最も楽しみにしていたボルダリング。子供用のサイズはありませんでしたが、大人サイズに関しては専用の靴も準備してありました。子供たちは裸足で登ってましたが、やさしいコースから難しいコースまであって、幅広いレベルを楽しめるようにてました。

私、ボルダリングってほとんど知識がないのですが、壁が結構高くて驚きました。子供たち、一番上まで登っていましたが、高所恐怖症の私は下からの応援に徹しました(笑)

f:id:mattamanta:20190907130511j:plain


その他、バドミントンや卓球、バスケットボールも楽しめます。フラフープもありましたよ(^^)

体育館ということもあって広いので、子供たちにしてみたら走ってのびのび過ごすだけでもすごく楽しかったみたいです。

ちなみに体育館は、私たちは裸足で使いましたが、靴箱のところにうち履き(体育館シューズ)がおいてあり、それを利用されているかたもいました。

 

☆食事☆
ホテルのレストランがあります!ただ、夕食は予約が必要です。チェックイン当日の予約であれば、16時までには知らせた方がよさそうでした。私たちは夕食は外で食べることにしたので、ホテルのレストランは朝のみの利用でした。

朝ごはんは、大人2人と小学生の長女の分だけお願いしていたのですが、なんと幼稚園児2人には幼児食を準備してくださいました。ホテルの朝食って量が分からないから、小さい子供の朝食要否はいつも悩ましいので、今回も分ければいいかと思ってつけなかったけど、幼稚園児にちょうど食べやすい量を準備してくださったので、ありがたかった~(^^)

f:id:mattamanta:20190907130655j:plain
f:id:mattamanta:20190907130641j:plain
大人用の朝食と幼児用朝食(ミートボールもついてたけど、食べてしまいました)

☆その他☆
ホテルの中庭にはグランピング用のテントがセットしてあって、宿泊客は有料で、そこを利用することができるそうです。夜だったら天体観測ができるように、望遠鏡を準備してくれていたり、グランピング用のスイーツセット・アルコールフリードリンクプランなんかもあるとのことです。現在は利用時間に2時間という制限があり、宿泊はできないとのことでしたが、今後どうしていくかは未定、とのことでした。グランピングできるようになったら素敵ですよね!もしそうなったら、是非行ってみたいな~

f:id:mattamanta:20190907133908j:plain


また、ホテルの料金については下記のとおりですが、10月からの増税に合わせて、料金変更される可能性があるとのことでした。是非ホームページで料金チェックしたうえで予約してください、とのことでした。

f:id:mattamanta:20190907130820j:plain f:id:mattamanta:20190907130830j:plain

 

☆周辺情報☆
大江ノ郷リゾートが車で3分ほどのところにあります。私、本当は晩御飯をこちらで食べる予定だったのですが、18時までには全てのお店が閉まってしまうことが発覚し、こちらへはチェックアウトしたのちに遊びに行きました。また記事アップしましたが、とっても混むようなので、OOE VALLEY STAYと大江ノ郷リゾートはセットで周ることをお勧めします☆

そして予定通りにならなかった晩御飯ですが、ホテル近隣にレストランがないかな、と調べたところ、子供を遊ばせながらリーズナブルに食べさせられる素敵なお店が・・・!その名もHOME8823(ホームハヤブサ)。近くの駅名からとった名前らしいのです。

住所:鳥取県八頭郡八頭町見槻中176-4
TEL:0858-71-0291

f:id:mattamanta:20190907132957j:plain

1階はテーブル席、2階は小さい子供が遊べるプレイルームと座卓が4つほどあるお部屋になっています。

f:id:mattamanta:20190907133054j:plain

2階のプレイルーム

ホテルから車で10分ほどだったかな。駐車スペースが少ないので、心配な方はオープンに合わせていった方がいいかも?私たちが利用した日は日曜日だったのですが、お客さん、結構たくさん入ってました。子供用のメニュー

もあり、スタッフ方もとても親切に接客してくださいました。2階にはおむつ替え用のお部屋もあったので、オムツが外れていない子供を連れていく場合も安心ですね(^^)

 

 

 いやー、意図せず子供サービス三昧なステイになりました(笑)ゆっくりしつつ子供も遊ばせてあげられて、とっても充実したステイになりました。鳥取砂丘や砂の美術館まで1時間ほどの距離なので、観光にも利用できると思います(^^)普通のホテルとはちょっと違うホテルに泊まってみたいな~という方。お勧めですよ☆

 

OOE VALLEY STAY
住所:〒680-0415 鳥取県八頭郡八頭町下野331
TEL:0570-008-558
HP:https://www.ooevalley.jp

f:id:mattamanta:20190907130809j:plain

 

☆関連ブログ☆

 

familytraveler.hatenablog.com

 

 

 

島根県大田市 北ノ原キャンプ場へ再び!~一般サイトに関する事前知識~

お久しぶりです!せっかくのキャンプシーズンだというのに、台風去って、また台風、という感じですね。出雲市はびっくりするくらい台風の影響が少なく、テレビで各地の被害を見ていると、その激しさ、もう少し分配してくれたら被害も少なくて済むだろうにとつい思ってしまいます。

今週末も、台風に気を付けて過ごしましょう。

 

さて、昨年、大田市の三瓶山にある、北ノ原キャンプ場について記事をあげさせてもらいました。

 

familytraveler.hatenablog.com

この時は、初めて子供3人を連れてのキャンプだったので、オートサイトを予約しましたが、この時、北ノ原キャンプ場って一般サイトでもそんなに大変じゃないかも!?と思ったので、今年は一般サイトに宿泊してみました。

 

【区画サイトとフリーサイトとの違い】
よくキャンプされる方はご存知かと思いますが、念のため...区画サイト・フリーサイトの違いを書き留めておこうと思います。

区画サイトの場合、テントを張ることができるスペースが決まっており、オート区画サイトであればそのスペースに車も一緒にとめることができます。車を横付けできれば荷物の搬出入が楽ですし、無駄に荷物を出さなくても、必要になった時に車から出せばよいので、便利です。ただ、一般的にフリーサイトに比べると、キャンプ料金がお高いです(><)

そしてフリーサイトはキャンプ場のフリーサイトゾーンのどこにでも、好きな場所にテントを張れるサイトのこと。ただ、オートサイトのように車を駐車しておくことはできないことが多いんですね。キャンプ場によっては、搬出入の時のみ車の乗り入れOKなところや、乗り入れできなくても、荷物を運ぶためのリアカーが準備してあるところもあるので、荷物の多いキャンパーは要チェックです!

余談ですが、うちの旦那さんは、つい最近までフリーサイト=無料区画だと勘違いされていたようです…いやいや、フリーサイトでもいつもお金払ってたでしょ!とつっこんでしまいました(^^;;

三瓶山北ノ原キャンプ場の一般サイトは、フリーサイトにあたります。

 

【北ノ原キャンプ場の一般サイト、事前に知っておきたいことは?】
北ノ原キャンプ場は前の記事にも書いている通り、きちんと整備された、気持ちの良いキャンプ場なのですが、一般サイトに泊まるにあたって頭に入れておきたいのが下記2点。

①一般サイトへの車の乗り入れは禁止!
②テント+タープ(スクリーン)、あるいは2ルームテントを張る場合、2張分の料金!

 

まず、①についてですが、残念ながら、車で区画まで行きたい場合はオートキャンプで予約する必要があります。このキャンプ場、オートサイトを除いては、車の乗り入れ禁止なんです。

でも大丈夫!駐車場は管理棟のすぐ近くにあるのですが、管理棟の横にリアカーが何台も準備されているんです!

f:id:mattamanta:20181001151924j:plain

荷物の搬出入の際、リアカーで何往復かする元気があるのであれば(基本的にキャンパー=元気なイメージですが)、全く問題ありません◎

 

そして②については、管理棟で受付する際、どのようなテントを張るのか聞かれますので、伝えれば向こうから何張分になるか教えてもらえます。何張分かに合う数の番号札をもらえますので、それをテント(外)にかけておけばOKです!多分、見回りの際にチェックされるのだと思うので、よく見えるようにかけておくようにしましょう。

一般サイトは1張1泊900円、オートサイトはテントのサイズによって1張1泊4000~4500円なので、仮に一般サイトで2張分料金を支払ったとしても、オートサイトの料金の半分以下となります(^^)お財布にやさしい~!

 

一般サイトも、車がそばにないことを除いたらオートサイトと何ら変わらないので、キャンプに慣れてきたらオートキャンプから一般サイトでのキャンプに移行してみるのもいいですよ(^^)自分で荷物を運んでみると、物の要不要とも向き合えますしね!

なお、一般サイトはいくらでもスペースがあるためか、予約不要とのことでした。いい場所はどんどん埋まってしまいますので、早めに行って受付をすまし、場所を確保することをお勧めします!

 

秋はキャンプにもってこいの快適シーズンなので、少しでも多くの週末がキャンプ日和あることを祈るばかりです。

 

よかったら、その他関連記事もご覧ください(^^)

familytraveler.hatenablog.com

 

 

鳥取県境港市 水木しげるロードに行く!~時代を超えて人を魅了するアニメってすごい~

今日から長男も、幼稚園2学期が始まりました。夏休み、終わっちゃった~。あっという間で、なんだか少し、寂しい気もします。まだまだ日中暑いのに、『夏が終わるんだな~』なんて、せつない気持ちになったり。

夏休み。我が家の子供たちは普段以上にテレビに忙しく過ごしていました(笑)次男も少しずつNHKの子供向け番組だけでなく、長女・長男が見るアニメなんかも見始めたりして、成長を感じます。そして子供たちが見ているアニメの中に私が子供のころに見ていたアニメもあると、何とも言えない懐かしさと、声変わりしたキャラクターたちに違和感を持つのです(笑)

例えばドラえもん。声優さん、がらりと変わっています。私のドラえもん大山のぶ代さんでしたので、今のドラえもんは、はじめドラえもんではありませんでした(^^;そしてオープニング曲も『チャラララララチャラララララ』というドドーンと派手な感じで始まる懐かしいあの曲ではなく、『チャンチャンチャンチャン』と軽ーいタッチで始まる曲に変わっており、少し寂しくなったり...

とはいえ自分が好きだったアニメを、子供たちが楽しそうに見ていると、何年もこのアニメを継続してくれた人たちに『ありがとう~!!』と全力で伝えたくなるのです!時間を超えて子供たちと同じものを楽しんで笑えるって、すごく幸せなことだなぁと思うから。これからもいいアニメが、世代を超えて受け継がれていくといいな~

そんなこんなで我が家のキッズはいろいろとアニメを見ているわけなのですが、最近子供たちが口をそろえて『一番好き!』とラブコールを送っているのがゲゲゲの鬼太郎。これ、私も夏休みのアニメスペシャルとかで見てたな~!って思って、一緒に見てみたら、曲調や歌い手は変わっているものの同じ曲!『ゲッ、ゲッ、ゲゲゲのゲ~♪』とつい一緒に口ずさんでしまいます。さすがに声優さんは変わっていましたが、そのせいか、なんだか、鬼太郎がかっこいい!!一緒に見入ってしまって、なかなか切り上げられなくなるほど(笑)

島根県鳥取県の横に住んでる!子供たちも鬼太郎が好き!週末はもちろん、出かけたい!という3拍子がそろったので、水木しげるロードのある境港へ、7月、8月連続で遊びに行きました!

水木しげるロードってどんなとこ?■
私はここに行くまで、果たしていったいどんな場所なのか、とても気になっていました。ゲゲゲの鬼太郎に出てくるキャラクターのブロンズ像がたくさんある、ということくらいしか知らず向かってみたのですが、行ってみるとブロンズ像が思っていた以上にたくさん!道のそこここらにある模様やデザインもゲゲゲの鬼太郎にかたどられ、ゲゲゲ好きにはたまらない感じ。

f:id:mattamanta:20180903103352j:plain
f:id:mattamanta:20180903103612j:plain


先日訪れた際は7月14日(2018年)のリニューアル後ということもあってか、かなりにぎわっていました。しかもその時は『妖怪ナイトウォーク』というイベントを行っていて、夜は照明による演出で、昼とは異なる雰囲気を楽しめます♪

道の上に妖怪の影が映ったり…

f:id:mattamanta:20180903103953j:plain
f:id:mattamanta:20180903103929j:plain

ブロンズ像もなんやら不気味に照らされます。

f:id:mattamanta:20180903103925j:plain
f:id:mattamanta:20180903104900j:plain

 

子供たちはというと、大好きなゲゲゲの鬼太郎や仲間たちと写真を撮ってははしゃぎ、出待ちして…という具合に大忙し。夜、ということで眠気MAXでぐずぐずになるのでは...と思っていたけど、全然!妖怪との時間を満喫していました。

f:id:mattamanta:20180903104357j:plain
f:id:mattamanta:20180903104406j:plain

ちなみに水木しげる記念館があるのも、この水木しげるロード沿い。水木しげるさんの作品が好きな方にはたまらないと思います!また改めて紹介したいと思います。

 

■駐車場はどこ?■
水木しげるロード境港駅を出てすぐのところなので、電車で行かれる場合は特に心配ないのですが、車で向かわれる場合は駐車場の場所をチェックしておきたいですよね。駐車場は複数あるのですが、私たちが利用したところは下記薄緑でハイライトしている駐車場。近くにトイレもあるし、水木しげるロードから駐車場へも戻りやすい(目印は地図で薄緑の⑨番となっている神戸ベーカリー)のでお勧め!

とめられなかったとしても、下記地図の通り、駐車場は多数あります(^^)

f:id:mattamanta:20180903102636j:plain

ちなみに、以前ブログでもご紹介した御宿野乃に泊まる場合は、ここの駐車場を利用すれば無料ですし、場所が水木しげるロード沿いなので、便利です。
familytraveler.hatenablog.com

 ■小さな子供も楽しめる?■
ご紹介した通りの雰囲気ですので、小さなお子さんも楽しめます!道が広いのでベビーカーも入りやすいですし、水木しげるロードはそんなに長い道ではないし、途中で食べ物を買って食べたりもできるので、お子さんも飽きずに歩けると思います。

夜の水木しげるロードは、不気味なライトアップもありますので、怖いのが苦手なお子さんは向いてないかも。日中は明るい雰囲気なので、日中行かれることをお勧めします!

 

なお、夜のライトアップは年中、毎日行われているそうです。時間は日没から22:00までですので、これから秋・冬に向けて、ライトアップを楽しめる時間が増える、ということになりますね(^^)

これから外に出やすい気候になるので、お散歩がてら、妖怪たちに会いにってみてくださいね(^^)

 

水木しげるロード
住所:〒684-0025 鳥取県境港市本町5
水木しげるロードリニューアルPR動画:http://www.sakaiminato.net/c817/roadmap/map/pr-video1/

 

 

鳥取県境港市 夕凪の湯 御宿 野乃に泊まる~ラーメン・海鮮・温泉!子連れに優しい~

まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしですか?

夏、といえばキャンプ。我が家は週末の天気が良ければ『今週末はキャンプだ!』と、結果的にキャンプばっかり行ってしまうような生活を送りがち(^^;楽しいんだけど、たまにはホテルでゆっくりしたい!と、アクティブながらにのんびりしたい私は思ってしまうんです(^^;

そしてある晩、またしても旦那さんがキャンプ場を検索しまくっていたので、それを阻止すべく、『面白そうなホテルないかなぁ…』と検索したところ見つかった素敵なホテルがこのホテル。

鳥取県境港市にある夕凪の湯 御宿 野乃!!

f:id:mattamanta:20180824181808j:plain

こちら、水木しげるロードにあるドーミーイン系列の和風ホテル。まだ水木しげるロードに行ったことがなかった私たちにとっては好立地だったし、何より魅力的だったのが、朝食!こちら、自分の好きなネタを乗せた海鮮丼を作ることができるという、あまり聞いたことのない朝食を提供しているんです。

うちの旦那さんは海鮮が大好きなので、これは提案したら絶対乗ってくるだろう!と思ったら、案の定めちゃくちゃ乗り気(笑)即行ホテルを予約し、行ってきました!

【時期】2018年7月上旬

【メンバー】旦那さん、私、長女(7歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

【宿泊した部屋】和モダンモデレートツイン

【部屋】
館内は畳がひいてあるので、ホテルに入って靴を脱いでからはずっと裸足で過ごせます(^^)清潔感もあって素敵な感じなのですが、部屋に入ってまたびっくり。すっごくいい感じ!!畳のお部屋にベッドが2台、テレビやいす、冷蔵庫も完備されています。

f:id:mattamanta:20180824174302j:plain
f:id:mattamanta:20180824174321j:plain
落ち着いた雰囲気のお部屋で、すべて心地よかったです!

驚いたのは、子供が3人いることを考慮してか、私たちが到着したときからベッドがしっかりくっつけてあったこと。普段だったら、自分たちでベッドを動かしてくっつけるので、この心遣いがとてもうれしかったです…!

また、子供たち用のパジャマも準備してくれてあって、子供たちは喜んで着ていました。長女以外は『食事のみ』のプランにしていたので、こういったサービスは考えてもいなかったので、なお嬉しかったです。

アメニティーも充実していましたよ!

f:id:mattamanta:20180824174953j:plain
f:id:mattamanta:20180824175004j:plain
タオルは持ち運びに使えるかごに入って準備されていました。

充電器や湯沸かしポット、飲料水も準備されていて、至れり尽くせり。

f:id:mattamanta:20180824175702j:plain

温泉がありますが、部屋にもちゃんとシャワー&バスタブがついているので、小さい子供を温泉に連れていくのが不安な方には本当にありがたいですよね!ここで子供を入れて、自分だけ温泉へ♪なんてこともできます。

 

 

【食事】
ホテルのレストランで夕食も提供されていますが、私たちは朝食のみのプランでしたので、朝食について書きます。

和洋朝食ビュッフェでしたが、種類も豊富で朝から楽しめる内容でした。小鉢に入った和風おかずはもちろん、パンやソーセージ、サラダなどもあり、その日の自分のお腹の調子に合わせて選べるようになっています。

そして旦那さんのお目当ての海鮮丼ですが...お料理が並んでいるお部屋の真ん中に酢飯とネタが並んでおり、自分で作れるようになっていました!

f:id:mattamanta:20180824180931j:plain

ネタは時期によって変わるようですが、いくらやエビ、ネギトロ、カツオなんかもあって豪華!もちろん、一杯で足りなければもう一つ作ることができます!

ちなみに一例ですが、こんな感じのプレートができあがります。全部のおかずをたべようと思ったら、5回はおかわりしないといけないかもしれませんが(笑)

f:id:mattamanta:20180824180922j:plain

ヨーグルトやフルーツなんかもありますし、飲み物も種類が豊富です。小さいお子さんも食べられるもの、いろいろとありますので、安心して食事をとれると思います。

ちなみにテーブル席もありますが、座敷もありました。私たちは小さい子連れだったからか、座敷に通していただけました。子供用の小さい椅子も準備されていましたよ(^^)

 

【料金】
私たちは大人2名、小学生1名、食事のみの幼児2名で、和モダンモデレートツインというお部屋に宿泊しました。長男が小柄なのもあるかもしれませんが、ベッド1台が110×200㎝サイズでしたので、くっつけて使用したら5人で十分寝られました。

料金は大人1名10,495円、子供1名2,000円で、合計26,990円(税込み)。じゃらんで予約しました。気軽に利用するにはちょっと高いな~というのが正直なところですが、温泉もあるし、サービスもいいし、ホテルのクオリティーからしたらとてもリーズナブルなお値段。

 

【その他】
駐車場
ホテルの横に駐車場があり、15:00~翌11:00まで無料で利用できます。私たちは少し早めにホテルに着いたのですが、追加料金なしでとめさせていただけたのもありがたかったです!

夜食
夜にレストランで夜鳴きそばのサービスがあります。普通サイズのラーメンより少し小さいくらいのラーメンなのですが、あっさりとしていておいしい!おかわりしたいくらいでしたが、翌日の朝食ビュッフェに影響がでるので諦めました(笑)

f:id:mattamanta:20180824180326j:plain

夜鳴きそばの提供時間は22:00~23:00なので、子供は部屋で寝かせたまま、20分ほどでささっと食べました。

 

こちらのホテル、境港駅から徒歩1分と立地もとても便利。ホテルで食事をとることもできますが、私たちは境港駅にある大魚丸という回転ずしで食事をとりました。初めて利用しましたが、とってもおいしかった!100円寿司ではないのでお値段は少しはりますが、ネタがとっても新鮮!個人的に、ここのエンガワは久しぶりに食べたおいしさでした!!

f:id:mattamanta:20180824183329j:plain

ちなみに御宿 野乃は、鳥取県以外にもあるようで、富山県大阪府奈良県にもあるそうです。子連れでもゆっくりくつろげるホテルでしたので、お勧めですよ(^^)

 

夕凪の湯 御宿 野乃 境港
住所:鳥取県境港市大正町216(境港駅より徒歩1分)
TEL:0859-44-5489
HP: http://www.hotespa.net/hotels/sakaiminato
IN/OUT: 15:00/11:00

 

関連記事

 

familytraveler.hatenablog.com