5人家族の子連れぶらり旅

子連れで旅行に行きまくる主婦による旅行ブログ。旅先は主に中国地方ですが、それ以外の地方およびフィリピンの情報もアップしています。子供の反応や連れていきやすさも書いていますので、家族旅行プランの参考になれば嬉しいです!

鳥取県境港市 水木しげるロードに行く!~時代を超えて人を魅了するアニメってすごい~

今日から長男も、幼稚園2学期が始まりました。夏休み、終わっちゃった~。あっという間で、なんだか少し、寂しい気もします。まだまだ日中暑いのに、『夏が終わるんだな~』なんて、せつない気持ちになったり。

夏休み。我が家の子供たちは普段以上にテレビに忙しく過ごしていました(笑)次男も少しずつNHKの子供向け番組だけでなく、長女・長男が見るアニメなんかも見始めたりして、成長を感じます。そして子供たちが見ているアニメの中に私が子供のころに見ていたアニメもあると、何とも言えない懐かしさと、声変わりしたキャラクターたちに違和感を持つのです(笑)

例えばドラえもん。声優さん、がらりと変わっています。私のドラえもん大山のぶ代さんでしたので、今のドラえもんは、はじめドラえもんではありませんでした(^^;そしてオープニング曲も『チャラララララチャラララララ』というドドーンと派手な感じで始まる懐かしいあの曲ではなく、『チャンチャンチャンチャン』と軽ーいタッチで始まる曲に変わっており、少し寂しくなったり...

とはいえ自分が好きだったアニメを、子供たちが楽しそうに見ていると、何年もこのアニメを継続してくれた人たちに『ありがとう~!!』と全力で伝えたくなるのです!時間を超えて子供たちと同じものを楽しんで笑えるって、すごく幸せなことだなぁと思うから。これからもいいアニメが、世代を超えて受け継がれていくといいな~

そんなこんなで我が家のキッズはいろいろとアニメを見ているわけなのですが、最近子供たちが口をそろえて『一番好き!』とラブコールを送っているのがゲゲゲの鬼太郎。これ、私も夏休みのアニメスペシャルとかで見てたな~!って思って、一緒に見てみたら、曲調や歌い手は変わっているものの同じ曲!『ゲッ、ゲッ、ゲゲゲのゲ~♪』とつい一緒に口ずさんでしまいます。さすがに声優さんは変わっていましたが、そのせいか、なんだか、鬼太郎がかっこいい!!一緒に見入ってしまって、なかなか切り上げられなくなるほど(笑)

島根県鳥取県の横に住んでる!子供たちも鬼太郎が好き!週末はもちろん、出かけたい!という3拍子がそろったので、水木しげるロードのある境港へ、7月、8月連続で遊びに行きました!

水木しげるロードってどんなとこ?■
私はここに行くまで、果たしていったいどんな場所なのか、とても気になっていました。ゲゲゲの鬼太郎に出てくるキャラクターのブロンズ像がたくさんある、ということくらいしか知らず向かってみたのですが、行ってみるとブロンズ像が思っていた以上にたくさん!道のそこここらにある模様やデザインもゲゲゲの鬼太郎にかたどられ、ゲゲゲ好きにはたまらない感じ。

f:id:mattamanta:20180903103352j:plain
f:id:mattamanta:20180903103612j:plain


先日訪れた際は7月14日(2018年)のリニューアル後ということもあってか、かなりにぎわっていました。しかもその時は『妖怪ナイトウォーク』というイベントを行っていて、夜は照明による演出で、昼とは異なる雰囲気を楽しめます♪

道の上に妖怪の影が映ったり…

f:id:mattamanta:20180903103953j:plain
f:id:mattamanta:20180903103929j:plain

ブロンズ像もなんやら不気味に照らされます。

f:id:mattamanta:20180903103925j:plain
f:id:mattamanta:20180903104900j:plain

 

子供たちはというと、大好きなゲゲゲの鬼太郎や仲間たちと写真を撮ってははしゃぎ、出待ちして…という具合に大忙し。夜、ということで眠気MAXでぐずぐずになるのでは...と思っていたけど、全然!妖怪との時間を満喫していました。

f:id:mattamanta:20180903104357j:plain
f:id:mattamanta:20180903104406j:plain

ちなみに水木しげる記念館があるのも、この水木しげるロード沿い。水木しげるさんの作品が好きな方にはたまらないと思います!また改めて紹介したいと思います。

 

■駐車場はどこ?■
水木しげるロード境港駅を出てすぐのところなので、電車で行かれる場合は特に心配ないのですが、車で向かわれる場合は駐車場の場所をチェックしておきたいですよね。駐車場は複数あるのですが、私たちが利用したところは下記薄緑でハイライトしている駐車場。近くにトイレもあるし、水木しげるロードから駐車場へも戻りやすい(目印は地図で薄緑の⑨番となっている神戸ベーカリー)のでお勧め!

とめられなかったとしても、下記地図の通り、駐車場は多数あります(^^)

f:id:mattamanta:20180903102636j:plain

ちなみに、以前ブログでもご紹介した御宿野乃に泊まる場合は、ここの駐車場を利用すれば無料ですし、場所が水木しげるロード沿いなので、便利です。
familytraveler.hatenablog.com

 ■小さな子供も楽しめる?■
ご紹介した通りの雰囲気ですので、小さなお子さんも楽しめます!道が広いのでベビーカーも入りやすいですし、水木しげるロードはそんなに長い道ではないし、途中で食べ物を買って食べたりもできるので、お子さんも飽きずに歩けると思います。

夜の水木しげるロードは、不気味なライトアップもありますので、怖いのが苦手なお子さんは向いてないかも。日中は明るい雰囲気なので、日中行かれることをお勧めします!

 

なお、夜のライトアップは年中、毎日行われているそうです。時間は日没から22:00までですので、これから秋・冬に向けて、ライトアップを楽しめる時間が増える、ということになりますね(^^)

これから外に出やすい気候になるので、お散歩がてら、妖怪たちに会いにってみてくださいね(^^)

 

水木しげるロード
住所:〒684-0025 鳥取県境港市本町5
水木しげるロードリニューアルPR動画:http://www.sakaiminato.net/c817/roadmap/map/pr-video1/

 

 

鳥取県境港市 夕凪の湯 御宿 野乃に泊まる~ラーメン・海鮮・温泉!子連れに優しい~

まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしですか?

夏、といえばキャンプ。我が家は週末の天気が良ければ『今週末はキャンプだ!』と、結果的にキャンプばっかり行ってしまうような生活を送りがち(^^;楽しいんだけど、たまにはホテルでゆっくりしたい!と、アクティブながらにのんびりしたい私は思ってしまうんです(^^;

そしてある晩、またしても旦那さんがキャンプ場を検索しまくっていたので、それを阻止すべく、『面白そうなホテルないかなぁ…』と検索したところ見つかった素敵なホテルがこのホテル。

鳥取県境港市にある夕凪の湯 御宿 野乃!!

f:id:mattamanta:20180824181808j:plain

こちら、水木しげるロードにあるドーミーイン系列の和風ホテル。まだ水木しげるロードに行ったことがなかった私たちにとっては好立地だったし、何より魅力的だったのが、朝食!こちら、自分の好きなネタを乗せた海鮮丼を作ることができるという、あまり聞いたことのない朝食を提供しているんです。

うちの旦那さんは海鮮が大好きなので、これは提案したら絶対乗ってくるだろう!と思ったら、案の定めちゃくちゃ乗り気(笑)即行ホテルを予約し、行ってきました!

【時期】2018年7月上旬

【メンバー】旦那さん、私、長女(7歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

【宿泊した部屋】和モダンモデレートツイン

【部屋】
館内は畳がひいてあるので、ホテルに入って靴を脱いでからはずっと裸足で過ごせます(^^)清潔感もあって素敵な感じなのですが、部屋に入ってまたびっくり。すっごくいい感じ!!畳のお部屋にベッドが2台、テレビやいす、冷蔵庫も完備されています。

f:id:mattamanta:20180824174302j:plain
f:id:mattamanta:20180824174321j:plain
落ち着いた雰囲気のお部屋で、すべて心地よかったです!

驚いたのは、子供が3人いることを考慮してか、私たちが到着したときからベッドがしっかりくっつけてあったこと。普段だったら、自分たちでベッドを動かしてくっつけるので、この心遣いがとてもうれしかったです…!

また、子供たち用のパジャマも準備してくれてあって、子供たちは喜んで着ていました。長女以外は『食事のみ』のプランにしていたので、こういったサービスは考えてもいなかったので、なお嬉しかったです。

アメニティーも充実していましたよ!

f:id:mattamanta:20180824174953j:plain
f:id:mattamanta:20180824175004j:plain
タオルは持ち運びに使えるかごに入って準備されていました。

充電器や湯沸かしポット、飲料水も準備されていて、至れり尽くせり。

f:id:mattamanta:20180824175702j:plain

温泉がありますが、部屋にもちゃんとシャワー&バスタブがついているので、小さい子供を温泉に連れていくのが不安な方には本当にありがたいですよね!ここで子供を入れて、自分だけ温泉へ♪なんてこともできます。

 

 

【食事】
ホテルのレストランで夕食も提供されていますが、私たちは朝食のみのプランでしたので、朝食について書きます。

和洋朝食ビュッフェでしたが、種類も豊富で朝から楽しめる内容でした。小鉢に入った和風おかずはもちろん、パンやソーセージ、サラダなどもあり、その日の自分のお腹の調子に合わせて選べるようになっています。

そして旦那さんのお目当ての海鮮丼ですが...お料理が並んでいるお部屋の真ん中に酢飯とネタが並んでおり、自分で作れるようになっていました!

f:id:mattamanta:20180824180931j:plain

ネタは時期によって変わるようですが、いくらやエビ、ネギトロ、カツオなんかもあって豪華!もちろん、一杯で足りなければもう一つ作ることができます!

ちなみに一例ですが、こんな感じのプレートができあがります。全部のおかずをたべようと思ったら、5回はおかわりしないといけないかもしれませんが(笑)

f:id:mattamanta:20180824180922j:plain

ヨーグルトやフルーツなんかもありますし、飲み物も種類が豊富です。小さいお子さんも食べられるもの、いろいろとありますので、安心して食事をとれると思います。

ちなみにテーブル席もありますが、座敷もありました。私たちは小さい子連れだったからか、座敷に通していただけました。子供用の小さい椅子も準備されていましたよ(^^)

 

【料金】
私たちは大人2名、小学生1名、食事のみの幼児2名で、和モダンモデレートツインというお部屋に宿泊しました。長男が小柄なのもあるかもしれませんが、ベッド1台が110×200㎝サイズでしたので、くっつけて使用したら5人で十分寝られました。

料金は大人1名10,495円、子供1名2,000円で、合計26,990円(税込み)。じゃらんで予約しました。気軽に利用するにはちょっと高いな~というのが正直なところですが、温泉もあるし、サービスもいいし、ホテルのクオリティーからしたらとてもリーズナブルなお値段。

 

【その他】
駐車場
ホテルの横に駐車場があり、15:00~翌11:00まで無料で利用できます。私たちは少し早めにホテルに着いたのですが、追加料金なしでとめさせていただけたのもありがたかったです!

夜食
夜にレストランで夜鳴きそばのサービスがあります。普通サイズのラーメンより少し小さいくらいのラーメンなのですが、あっさりとしていておいしい!おかわりしたいくらいでしたが、翌日の朝食ビュッフェに影響がでるので諦めました(笑)

f:id:mattamanta:20180824180326j:plain

夜鳴きそばの提供時間は22:00~23:00なので、子供は部屋で寝かせたまま、20分ほどでささっと食べました。

 

こちらのホテル、境港駅から徒歩1分と立地もとても便利。ホテルで食事をとることもできますが、私たちは境港駅にある大魚丸という回転ずしで食事をとりました。初めて利用しましたが、とってもおいしかった!100円寿司ではないのでお値段は少しはりますが、ネタがとっても新鮮!個人的に、ここのエンガワは久しぶりに食べたおいしさでした!!

f:id:mattamanta:20180824183329j:plain

ちなみに御宿 野乃は、鳥取県以外にもあるようで、富山県大阪府奈良県にもあるそうです。子連れでもゆっくりくつろげるホテルでしたので、お勧めですよ(^^)

 

夕凪の湯 御宿 野乃 境港
住所:鳥取県境港市大正町216(境港駅より徒歩1分)
TEL:0859-44-5489
HP: http://www.hotespa.net/hotels/sakaiminato
IN/OUT: 15:00/11:00

 

関連記事

 

familytraveler.hatenablog.com

 

 

 

広島県神石郡 星居山森林公園キャンプ場へ行く!~のんびりできる!子供も遊べる!~

毎日暑いですね…先月の豪雨に続き、今度は連日の晴天&暑さ。先月の豪雨で水害にあわれた方々は、さぞかし大変な思いで毎日すごされているのだろうと思います…暑い中、大変だろうと。早くもとの生活に戻れることを祈るばかりです。

それにしても本当に、毎日暑いですよね。うちの畑も、毎朝水やりしていますが、水やりしても浸透していないらしく、水やりした場所の砂をかいてみるとさらっさらの砂が出てきます(^^;;まるで砂漠のよう...

 

さて、少し前のことになりますが、広島にキャンプに行ってきました。場所は神石郡神石高原町というところにある星居山森林公園というところ。はじめ何と読むか分からず、『ほしいざん?』と思っていたら、『ほしのこやま』と読むんですね!『星』が名前に入っているからには、さぞかし星がきれいなのだろう!と思っていたら、やはり星が綺麗に見える場所とのこと。最近子供たちがはまっている迷路も、遊具型のものがあるとのことで行ってきました!

 

f:id:mattamanta:20180806113500j:plain

【訪問時期】2018年5月下旬

【メンバー】旦那さん、私、長女(6歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

キャンプサイト
勝手なイメージで、森林公園のキャンプ場=規模が大きい というイメージでしたが、ここは違った...!キャンプサイト、小さかった…(笑)到着して驚いたのですが、テントを張れるスペースが6張分くらい?芝がひいてあってとてもきれいなのですが、思っていた以上に規模が小さく、衝撃。

f:id:mattamanta:20180806105143j:plain
f:id:mattamanta:20180806105201j:plain
管理棟前の芝生ゾーンがテントサイトです。空が綺麗!晴れたら星見えるかな。

予約サイトで確認してみても、週末は割と予約が埋まっていることが多いようなので、早めに到着する気持ちで行った方が、いい場所を選べるかもしれません(^^)私たちはあまり何も考えずに場所を選んでしまいましたが、5月末とはいえ日中はとても暑く・・・午前中にとってもよく日が当たるところだったので、翌朝の撤収のときがめちゃくちゃ暑かったです(==;

ちなみに写真の通り、テーブルセットもいくつか置いてあります。

オートサイトではありませんが、キャンプサイトからすぐ近くに駐車場があります。キャンプ用品を運ぶときにはサイト内に車をつけてもよいとのことだったので、ストレスフリーでした!

【バンガロー】

f:id:mattamanta:20180806105231j:plain

テントサイトから炊事場&BBQハウスの方向に行くとバンガローもいくつかあります。コテージもあるらしい!!バンガローは3人用と5人用があって、コテージは8人用とのこと。私たちが行ったときも、何組か宿泊している様子でした。

3人用バンガロー:5,140円
5人用バンガロー:6,170円
8人用コテージ:10,280円

【管理棟&シャワー】
ちなみにキャンプサイトのすぐそばにある管理棟ですが、ここの中にトイレやシャワーがあります。管理棟に上がる際は靴を脱いで入ります。シャワーは1人1回250円。

お風呂もあるので、小さい子供を連れている家族にはありがたいですね!!

f:id:mattamanta:20180806105323j:plain
f:id:mattamanta:20180806105315j:plain

 

【遊具など】
小さい子が遊べる遊具、いろいろありましたよ!遊具はテントサイトより少し離れていますが、ある程度の年齢の子供たちだったら『行っておいで~!』と言えるくらいの距離(わかりづらかったらすみません…)。うちは6歳のお姉ちゃんと4歳のお兄ちゃんが2歳の次男を引き連れて行ってくれましたが、特に心配することもなく行かせられたので、テント張ったり、ごはんの準備したりする間、子供たちは暇することなく遊んでいました(^^)芝生ゾーンも子供たちが走り回るには十分な広さなので、明るい時間は遊具、少し暗くなってきたら芝生で虫取り、という感じで過ごしてました。

f:id:mattamanta:20180806105213j:plain

ちなみに公園内には散策路があって、そこを進むと迷路があります。とっても簡単&古い感じだけど、子供たちは喜んでやってました(^^)

f:id:mattamanta:20180806105243j:plain

迷路から先に進んでいくと、ちょっと登り路になっていて、展望台まで行くことができます!距離が短いので、子供と登山したい!と思っている方には、子供の練習にちょうどいいかも。ゆっくり行っても20~30分程度で登れると思います。

f:id:mattamanta:20180806105307j:plain

展望台からの景色

そうそう、うちはこの登山道(?)でたくさん薪を拾って、夜の焚火に使いました☆たくさん落ちてますよ!

【料金】
テントサイト 1,540円/張
入園料 大人300円/人、子供(3~12歳)200円/人

テントやタープの貸し出しはありませんが、BBQセットや炭、毛布などの貸し出しはありました!


残念ながら私たちが行ったときには満点の星空、とまではいきませんでしたが、晴れるととってもきれいに星がみえるそうです。星好きの方には嬉しいですよね!大きなキャンプ場ではないですが、のんびりとしていて、子供たちがたくさん遊べるキャンプ場だなと思いました☆

 

星居山森林公園
住所:広島県神石郡神石高原町阿下109
TEL:0847-85-3927
CHECK IN/OUT:12:00/11:00

HP:http://www.jkougen.jp/kankou/
予約HP:

星居山森林公園キャンプ場|ご予約は[なっぷ]

 

 

 

鳥取県米子市 シャトー・おだかに再び~小学生1人、幼児2人になってもお得?~

皆さま大変お久しぶりにしております・・・!!
前回更新したのはいつだろう?とブログを見てみると、なんと5月31日。
もう2か月近くなるのか、と驚きました・・・

実はしばらく、ブログを見ないようにしていました。
アクセスはどれくらいかな~とか、ちょっと気になりつつ、しばらくは勝手にお休みにしようと思っていました。

理由は、突発性難聴になってしまったから(><)

突発性難聴といえば、Kinki Kids堂本剛君や浜崎あゆみが思い浮かぶ程度の知識でして、病院で突発性難聴と言われた時には特に深刻な気持ちになるわけでもなく、帰宅していろいろ調べてから『治るの!?』と焦りだしたような感じでした。

病院に行くまでは、耳が聞こえていない事に気づいておらず、それどころか、音が響く、耳鳴りがする、という具合だったので、てっきり音が聞こえすぎているように思っていたので、『聞こえていません』と言われた時には衝撃でした。

ようは疲れやストレスから、ということだったのですが、確かに結構慌ただしい日々を送っていたし、何より最近長男と次男の喧嘩がひどいこと、そして次男の手のかかりようから、結構気持ち的にストレスがたまっていたと思う。そんな忙しい一日を過ごしたのち、夜は夜でやりたいことがいろいろあって、睡眠時間を削っていたり。

体が悲鳴をあげたんだな~・・・と強~く思いました。

いかに自分の体と向き合っていなかったか。反省しました。

近くに両親、義理の両親ともに住んでいない完全核家族の私たちを気遣って、友達がすごく気にかけてくれて、おかげで先生も驚くほどあっという間に聴力は戻りました(^^)

ただ、ちょっと聴覚過敏な感じが残っているので、やりたいことをセーブして過ごそう、ということでブログをお休みしておりました。今後もゆるやか~に続けてまいります!

皆さんも、お体ご自愛くださいね。

 

さて以前鳥取県米子市にあるシャトー・おだかについて記事を書かせていただいたことがありました。

familytraveler.hatenablog.com

 当時3人の子供たちはみな未就学児でしたが、長女が小学校に上がり、再びこのホテルにお世話になってきましたので、どんな感じだったか書かせてもらいます!

f:id:mattamanta:20180724215135j:plain

子供が幼稚園から小学校に上がったタイミングって、ちょうど宿泊料金がどーんと上がるタイミング、と私は認識していて、どこか予約しようかなとホテルを探すたびに、小学生料金が結構いっちょ前な感じなのを見て、『子供たちよ、小さいままでいておくれ…』とつい思ってしまいがち。

でも、これはその予約の金額詳細単体を見た場合に思うだけであって、実際には、1室あたりの料金ベースで算出されているケースもあって、未就学児3人+大人2人でも、子供の1人が小学生だったとしても、合計金額が大きく変わることはないこともあるんですけどね(つまり、未就学児3人の場合、大人の料金がちょっと高め。子供一人が小学生だと、小学生料金が加算されるものの、大人二人の料金がちょっと下がる、ということ)。

 

さて、今回シャトー・おだかに小学生1人、幼児2人を連れて宿泊しましたが、結果前回どう違ったか。

前回は朝食のみついた宿泊プランでしたが、夕食はこのホテルにある農園レストランでいただき、宿泊プラス夕食代で12,000円ほどでした。(子供は朝食・夕食で500~700円それぞれにかかっています)

今回、朝食夕食ともについた宿泊プラン(夕食は前回と同じ、農園レストラン)で、やはり、12,000円ほどでした。(4歳の長男は食事を付けているので500円かかっています。次男は無料)

食事も含めて考えると、結局前とあまり料金が変わらず、やはりお財布にやさしいホテルだな~と思いました。

 

ちなみに一点、前回と大きく違ったのはお部屋!前回宿泊した部屋に比べると、ものすごく 広く、10人くらい泊まれそうなお部屋でした。洗面所も玄関も広くて、これなら友達家族と一緒に来たら楽しそう!というくらい。TVがものすごく小さくて笑いましたが、まぁ宿泊だけなのでいいか~(笑)にしても、小さすぎ~!!

f:id:mattamanta:20180724215240j:plain

f:id:mattamanta:20180724215313j:plain
f:id:mattamanta:20180724215255j:plain
洗面所と玄関はこんな感じ。靴箱は左右両方にありました。

お風呂はついていない部屋でしたが、大浴場の目の前のお部屋だったので、特に不便さは感じず。残念だったのは、大浴場のお風呂のお湯が熱すぎたこと!!そんなに長く入れる温度ではありませんでした…まぁ、温泉目当てで来てるわけではないから、そこまでマイナス点にはなりませんが、温泉目当ての方には向かないかな~と思います。

ただここ、大浴場の休憩室から見える景色がとってもきれいです!!天気が良ければ、大山がこんなにきれいに眺められます!

f:id:mattamanta:20180724215312j:plain

 

子供が小学校にあがっても、家族で気軽に旅行を楽しみたいですよね!コストを抑えることを重視して運営しているだけあって、とてもリーズナブルなホテルですので、鳥取県で宿泊先をお探しの方は、検討してみることをお勧めします(^^) 

 

ちなみに夕食の内容についてはこちらの記事をご覧ください(^^)
ビュッフェですが、現在は制限時間が70分→60分となっていました。でも、60分も食べ続けるのはなかなか難しいので、十分でしたよ◎

familytraveler.hatenablog.com

 シャトー・おだか

住所:鳥取県米子市尾高2377

TEL:0859-39-3701

URL:http://chateau-odaka.jp

 

鳥取県鳥取市 鳥取砂丘砂の美術館へいく!~子連れでも美術館、行けるだろうか…?~

今年のゴールデンウィーク福井県に行ってきました!と以前ブログで書かせていただきましたが、福井県から島根県に帰ってくる途中、鳥取県鳥取市にある、鳥取砂丘砂の美術館に足を運んできました。

familytraveler.hatenablog.com

前々から気になっていた美術館。行きたいけど出雲市からは結構距離があるし、かといって美術館のためだけに宿泊する気持ちにもなれず、しばらく我が家でペンディングされていた行先なんです。が、今回ちょうど福井からの帰り道だし、しかも割引券が手に入った!ということで、行ってきました!

【メンバー】
旦那さん、私、長女(6歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

【時期】
2018年5月上旬(ゴールデンウィーク)

【とんな場所??】
砂の美術館、という名前の通り、この美術館は世界中から集まった砂像の専門家たちが作成した砂像を楽しめる美術館!写真で見た時にはその規模がよく分かりませんでしたが、実際に行ってみると砂像のサイズ感にびっくり!机に乗るくらいのサイズをイメージしていたので尚更かもしれませんが(笑)、人のサイズを大幅に上回る大きさの砂像がいくつも展示室に並んでいます。そのスケールの大きさに、ただただ圧倒されました。

f:id:mattamanta:20180531232736j:plain
上から見るとこんな感じです

これらの砂像、てっきり接着剤なんかで固められているのかと思いきや、砂と水だけで作られているのだそうです。砂と水で作ったブロックを丁寧に削って加工していくのだそうです。砂と水のみで作っているため、衝撃により崩れてしまうこともあるそうです。
2018年4月~2019年1月のテーマは砂で世界旅行・北欧編でした。名前がまたロマンチックですよね~!!テーマは毎年変えて展示をされているとのことなのですが、専門家たちが想いを込めて作り上げた目の前の展示が永遠のものではないのかと思うと、それもまた儚くて、一層心を打つなぁと思いにふけってしまうのでした。f:id:mattamanta:20180531232316j:plain

【所要時間とコスパ
スケールが大きく、心を奪われるような展示の数々なのですが、規模としてはそんなに大きくなくて、大きな展示室にすべての砂像が納まっているような感じです。さっと周ろうと思えば、20分程度で周れてしまうレベル。一つ一つゆっくりじっくりみて、写真も撮りたい!と思っても、1時間もいらないのではないかなと思います。一般的な美術館と比べると規模も小さく、払う身としてはちょっと割高かな~というのが正直な感想。もちろん、これだけの作品を作り、展示していることを考えたら妥当なお値段なのだろうけれどね。

【子連れで行った感想】
子供たちは大きな砂像を目の前に、ワクワクが止まらない様子でした。特に、今回のテーマが北欧だったということもあって、サンタさんや動物、人魚姫など、子供の心をくすぐる展示も数多くあったんですね。

f:id:mattamanta:20180531232412j:plainf:id:mattamanta:20180531232916j:plain
子供たちと一緒に見られてよかった!とは思うのですが・・・砂像と通路の間、柵がないんです・・・
f:id:mattamanta:20180531232620j:plain境目はあるのですが、はしゃいでうっかり転んで、砂像を破壊してしまったら・・・と想像すると気が気じゃなくて、自分が思うようにゆっくり見ることができませんでした...いや、子供と美術館に行くということ自体、とても難しいのに、柵のない砂の美術館ですからね。ハラハラが止まりませんでした。長女は落ち着いてみていることができましたが、メンズはなかなかそれが難しく...本当に本当に無事に終えられてよかったです(笑)
抱っこして歩ける子供、あるいはある程度落ち着いて歩いてくれる子供でないと、連れて行っても気持ちよく見て回れないかもしれません(><)
ただ美術館側も配慮してくださっていて、外には砂場スペースが設けられていて、雨さえ降っていなければ、子供を遊ばせることも可能です。子供を砂場で遊ばせつつ、夫婦で代わりばんこでゆっくり展示を見に行くというのもいいかもしれませんね!

【周辺情報】
鳥取砂丘の近くとはいえ、砂丘は見えないのだろうと思っていたのだけれど、行ってみたら結構近かった!美術館に向かう道中に砂丘が広がり、駐車場周辺からも見渡せるという近さにびっくり!夏に鳥取砂丘でキャンプ予定なのですが、一足先に砂丘の眺めを見られてラッキー♪
美術館の周りにはお土産屋さんや食堂もあって、結構にぎわっています!私たちが一番驚いたのは、お店にあるお土産の種類の多さ、そして試食の多さ!(笑)味分からずに、人にお土産買えないですもんね。助かります!!(でも、小さい子供たち連れてると、試食が試食じゃなくなるのでちょっと大変ですが・・・^^;)

鳥取砂丘砂の美術館
住所:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
電話:0857-20-2231
営業日と時間:
平日、日曜日 午前9時〜午後6時
土曜日 午前9時〜午後8時
料金:
大人 600円、子供(小中高生) 300円、未就学児 無料
URL: http://www.sand-museum.jp

広島県福山市 山野峡キャンプ場で無料キャンプ!~シーズン営業中ではなかったけれど、泊まれた!~

この週末は天気悪いのかな~と思っていましたが、よかったですね!晴れました(^^)ということでキャンプへ・・・と思いましたが、来週別のキャンプを予定しているということで、今週は家でおとなしくしています。

キャンプといえば、我が家は夏にスタートして、秋の寒くなる頃にその年最後のキャンプへ行く、という感じなのですが、今年は3月31日が初キャンプだったのです。春休みだし、子供たちをどこか楽しいところへ・・・と思い浮かんだのが広島県福山市にあるみろくの里というテーマパーク。でもせっかくだったらお花見キャンプできたら最高だよね!!ということで、キャンプ場を探したところ、福山市で無料でキャンプできるサイトを発見したので行ってみました(^^)

 

メンバー:旦那さん、私、長女(6歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

時期:3月31日~4月1日

【キャンプ場の営業について】
私たち、予約した際は知らなかったのですが、一応シーズン営業は7/1-8/31ということのようで、常設テントのゾーンも床があるだけで、テントは設置されていませんでした。がらんとしていたものの、他にもキャンプ客はいましたよ!

キャンプ場周辺に来ると、まず駐車場と管理棟があるのですが、管理棟より先へは車の乗り入れは基本的に禁止されています。オートキャンプはできない、ということです。ただ、荷物の出し入れのために車を入れるのはOKです(^^)下記、キャンプ場内の地図です。

f:id:mattamanta:20180520151353j:plain

キャンプサイトの雰囲気】
サイトは第一キャンプ場と第二キャンプ場の2つなのですが、管理棟に一番近い場所に位置する広場に設営してもいいですよ、とのことだったので、私たちは広場に設営しました。本数は少ないですが、桜の木があって、しかも咲いていて、念願のお花見キャンプができました(^^)すぐ横に川が流れているので、夏場だったら川遊びも楽しめそう♪私たちがテントを張ったのは、写真にある手前の柵よりも手前側。

f:id:mattamanta:20180520150713j:plain

各サイト、炊事棟とトイレがあります。私は広場のしか使用していませんが、びっくりするほどきれいではありませんが、普通に使えます。すべて無料と考えると、十分だな、という感じ。

怖がりな私にとってちょっとドキドキしたのは、広場のトイレの前に公衆電話があること(笑)日が落ちると真っ暗になるキャンプ場なのですが、公衆電話の明かりがやけに明るいのが逆に不気味(^^;東尋坊の心霊スポットの1つが公衆電話だったな、とか、普段絶対思い出さないようなことをこんな時に限って思い出したりして(汗)

ちなみにお風呂ですが、ここにはお風呂もシャワーもありません。近くに温泉があるとの情報もあったけれど、私たちは見つけられなかったのでこの日はスキップしました。寒いくらいで汗もかいてなかったのでよかったけれど、夏に川遊びをするのであれば、シャワーやお風呂があるとすごくいいですよね。無料キャンプサイトだし、仕方ないので、もし夏に行かれるのであれば近隣のお風呂屋さんをリサーチしていかれることをお勧めします!

【料金】
テント持ち込み:無料
常設テント:2,000円(9張)
貸出テント:1,000円(10張)
駐車料金:無料
※ちなみにテントサイトは130張分あるそうです!広い!!

 

【レンタル情報】
テント・BBQ

 

【その他】
上記でも書きましたが、私たちがこのキャンプ場に行ったのは3月末。日中は半そででも過ごせるくらいの気候でしたが、朝晩はまだ冷える季節なうえ、キャンプ場が山だったので、夕方からは結構冷えました。それなりに暖かい服をもって言ったつもりでしたが、晩御飯を終えたら早々に布団に入りたい感じ。ビールなんて、飲む気もしませんでした(笑)行先や、その時の気候にもよるかもしれまんせが、寒いって結構辛い・・・!寒くなる可能性がある場所・時期にキャンプに行かれる場合は、防寒具やスープ・コーヒー・ココアなど、中から体を温めてくれるものを持っていかれることをお勧めします!

 

山野峡キャンプ場
住所:〒720-2602 福山市山野町大字山野
TEL:084-928-1043(福山市観光課)/084-974-2850(山野峡管理棟)
URL:www.fukuyama-kanko.com/travel/tourist/detail.php?id=89

 

福井県福井市 恐竜博物館に行く!~イメージと比較して楽しむ子供たち~

先日、2018年GWは福井県に行きました、とお伝えしました。久しぶりの福井。ドライブしていると結構お店も変わっていないし、懐かしさでいっぱいでした。

私たちは5/1の23時に出雲市を出発し、下道のみの利用で福井県入りしたわけなのですが、昨日もお伝えした通り、夜中の下道利用によって越前市まで6時間ほどで到着しました。そこから1時間半くらいさらに進んで、息子たちがかなり前から行きたがっていた恐竜博物館を目指しました。

ちなみに子供たちは出発の日の夜23時まで、最近購入したFireTVを堪能していたので、車に乗った瞬間から寝息をたてていました(笑)車に乗るギリギリまで寝かさない作戦はかなり有効ですよ!!乗る前に寝てしまうと、乗せるときに起きちゃって、『いつ着くの?』『まだ?』とストレスフルな発言がさく裂するので(^^;

 

訪問時期:2018年5月上旬

メンバー:
旦那さん・私・長女(6歳)、長男(4歳)、次男(2歳)

 

【駐車場について】
恐竜博物館。結構開館時間が早いんです・・・午前8時にオープンするんです!過去に訪れた際、博物館前の駐車場がいっぱいになってしまい、離れた駐車場からアクセスバスを利用したことがあったのですが、できればそれは避けたい・・・!ということで、今回7時には恐竜博物館に到着しました◎

で、7時の恐竜博物館の駐車場状況ですが...7時でも結構早いと思ったのですが、ちらほら車、とまっていました。でも、ほとんど空いていました。GWで、お客さんが押し寄せる時期とはいえ、開館1時間前は早すぎかな(^^;;

実際に車が入りだしたのは7時45分ごろでした。

 

【早くついてしまった場合】
早くつきすぎた時って、子連れだと何となく時間持てあますし、子供たちも暇してしまうよな~と頭を悩ませますよね。でも、恐竜博物館は、天気がよければ子供たちも楽しく過ごせます!というのも、駐車場横に遊具があるから!そんなにたくさんあるわけではないですが、大きなローラー滑り台やアスレチックがあって、時間をつぶすにはちょうどいい感じ。私たちは朝食を持ってきていたので、遊びつつベンチで食べたりして、結構のんびり過ごせました。お土産屋さんは閉まっているけれど、外にあるお手洗いは利用可能だったので安心で(^^)

なんと、遊具の写真を撮り忘れてしまったのですが・・・遊具ゾーンにはこんな写真スポットもあります(^^)

f:id:mattamanta:20180511200843j:plain

 

でも雨が降ったら・・・車で待機しかないかな~・・・(^^;

 

【子供の反応】
とっても楽しみにしていただけに、かなり興奮していました。特に、入り口入ってエスカレーターを降りた先に待ち受けている動くティラノサウルスにかなりの感激と恐怖を抱いていました(笑)私と旦那さんは、息子たちを抱っこしてティラノに近づけ、泣きわめく姿をビデオに納めるという、性格の悪い親でした(^^;

f:id:mattamanta:20180510141113j:plain


化石や全身骨格は動かないですが、ここの恐竜博物館は分かりやすいように、それぞれの手前に、その恐竜と同じ恐竜のフィギュアを置いてくれてあるんです。子供たちはこれを見ながら、自分たちの知っている恐竜を探すことに夢中。これまで本や図鑑、DVDなどでいろいろな恐竜が彼らの頭にインプットされてきましたが、恐竜博物館の何十体もある骨格標本を目の前にしてみると、思っていたよりも大きかったり、小さかったりとサイズ感を体感できたようです。

 

それ以外にも、恐竜の世界が映し出されている2枚のパネルの真ん中に立って、恐竜が襲い掛かったり、襲われたりする様子を楽しめるところや、世界各地から集めた恐竜の本・絵本を楽しめる場所、化石をクリーニングする様子を見学できる場所なんかもあって、楽しみが盛沢山な場所です!

f:id:mattamanta:20180511200933j:plain

ちなみに動く恐竜もいくつかあります。すごく芸が細かい!と思ったのは、この恐竜。

f:id:mattamanta:20180510141138j:plain

わき腹が微妙に膨らんだりへこんだりしていました(笑)

 

【その他展示】
私たちは参加しませんでしたが、他に化石の発掘や発掘現場のツアーなんかもあって、もし時間や体力があるのであれば、マルっと一日楽しめる場所だなと思います。博物館内にはレストラン、そして駐車場横の休憩所にはメニューは少ないですが、食事をオーダーできるお店もあるので、空腹も満たしてくれます◎

ちなみに駐車場横の休憩所は持ち込みOKですよ(^^)併設されているショップでお土産も見られます。

 

福井県立恐竜博物館
住所:911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内
話: 0779-88-0001
URL:https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
料金:一般720円、高・大学生410円、小・中学生260円
(未就学の幼児・70歳以上の方は無料)

【参考①:恐竜博物館に無料入館できる日がある!】
恐竜博物館、実は無料入館できる日があるんです。それらの日程は:
・毎月第三日曜日『家庭の日』
・4月17日『恐竜の日』
・11月第三土曜日『関西文化の日
・2月7日『ふるさとの日』
以前第三日曜日に訪問した際、とっても混んでいました・・・おしくらまんじゅう状態のゾーンもあり、あまりゆっくり見られた記憶がありません(^^;もし遠方から行かれるのであれば、上記日程を除いた日を選んだ方が漫喫できるかもしれません(^^)


【参考②:我が家が重宝している恐竜本&グッズ】
恐竜博物館をお子さんと訪れる場合、子供が恐竜にはまっている方が多いのではないかな~と勝手に思っていますが、恐竜の名前でも姿形でも、何かしら恐竜に対するイメージや情報を持っていると、恐竜博物館を訪れた時により一層楽しめるんだな~と実感しました。

例えば今回私たちが訪れた際、自分が知っている恐竜の全身骨格を探してみたり、かるたの読み札を誰がすぐに思い出せるか競争してみたり、と、これまでにインプットされてきた恐竜情報を整理したり、アウトプットしたりしながら過ごしたのですが、親子ともども楽しさ倍増だったと思っています(^^)

参考までに、我が家が使用している恐竜の本・グッズを紹介しますね!

①図鑑
恐竜好きなお子さんをお持ちの方は何かしら恐竜図鑑を持っているかと思いますが、我が家は小学館の図鑑NEO。この図鑑とDVDで子供たちは恐竜に対する知識を蓄え、イメージを膨らませています。

この図鑑に限らず、最近の図鑑はDVDもついていてリアルな恐竜を楽しめます。私は小学館のNEOと、講談社のMOVEのDVDしか見たことがありませんが、それぞれに良さがあって、2つともほしいくらい。NEOはドラえもんのび太君が恐竜を紹介してくれるので、ドラえもんが好きな小さなお子さんにピッタリ!MOVEは、ちょっとNHKのドキュメンタリーのような雰囲気があるので、NEOに比べると対象年齢は上のような感じがします。

  

②クイズブック
ちなみに小学館からは同じ恐竜シリーズで、恐竜クイズの本も出ているのですが、こちらは文庫本サイズということもあって、お出かけ&旅のお伴にぴったりなんです。長女がクイズを読み上げて、みんなで答えて競う、なんてこともしてみたり。

いろいろな動物やモノと恐竜のあれこれを比べていたりして、大人が読んでも面白いですよ(^^)

③かるた
最後に、長男のひらがな学習にも大いに貢献してくれているのがこのかるた。このかるた、すごいですよ!読み札のはじめの文字と恐竜の頭文字も合わせてある(例えば、『あ』は『ばれんぼう ジュラ紀で敵なし ロサウルス』など)し、それぞれの特徴をとらえた内容にもなっていて、かるたを楽しみながら恐竜についても学べるという優れもの。

私、結構読み札暗記してしまいました(笑)子供から『ママすごいね!!』と言われて、ちょっといい気になってます(笑)

 

 

familytraveler.hatenablog.com

 

恐竜好きなお子様・ご家族にとって、素敵なDino Dayになりますように!!